みなさま、こんにちは。

2月もあっという間に下旬。
明るく暖かい3月を迎えたい今日この頃です。

さて、今日は『シークレット・ガーデン』のOSTよりインストゥルメンタルの”Secret Garden”を貼らせていただきます。


気がつけばNHKの地上波で『シークレット・ガーデン』の放送が始まっていましたね! 放送時間帯が火曜日の深夜と微妙なのでなかなか見れないのですが、やっぱり見ると凄くいいです。




scg2_2



scg2_1



scg2_3






『シークレット・ガーデン』ファンなら、おそらくみんな大好きな2話のこのシーン。
広々とした自宅の庭園を、幻のライムと一緒に歩くジュウォン。
靄がかかっていてすごくきれいでしたよね。
ほんとにこのドラマは何度見ても見飽きません。
ドラマの仕上がりを左右するのは、やはり音楽だなとつくづく思います。


そんなわけで、OSTより心洗われる一曲、インストゥルメンタルの”Secret Garden”を。この曲は韓国盤OSTのpart5に収められていて、日本版OSTにも入っています。










やっぱり、ファンタジーが最強です。(笑)


ちなみにNHKでの放送。
普段日本語の吹き替えで韓国ドラマを見ることがまったくと言っていいほどないのですが、『シークレット・ガーデン』の吹き替え、すごくいいですね!
ライム役の声優さんがすっごくかっこよくて、初めて聞いた時はちょっとかっこよすぎるんじゃないかと思ったのですが、聞いているうちに癖になっちゃってずっと日本語で聞いています。

そして、吹き替え版ではジュウォンではなく、チュウォンなんですね。
名前単独だとチュウォン、姓と一緒になるとキム・ジュウォン。平音の単語のはじめの音が濁らない法則があるので、同じ単語なのに場合によって濁音になったりならなかったりするのですが、そんな分かりづらいことを表現できないので普通濁音化したほうを選ぶのですが、この吹き替えは全部チュウォンなので、なんか新鮮です。実際の発音も名前だけの時は確実にチュウォンなので、勿論何の問題もありません。

あと、見ていて思ったのですが、韓流スターを「カンリュウスター」と表現してるんですね。
「ハンリュウスター」と韓国語の発音を混ぜて表現することに統一してたと思ったのですが、これもちょっと意外でした。
私もはじめは「はんりゅう」という何語か不明な表現に抵抗があって正確に「かんりゅう」と表現していたので、懐かしさを覚えたり。これまた日本の方のほうが何の抵抗もなく「はんりゅう」と言ったりするんですよね。(笑)

PR広告

テレビは地上波のみ視聴可能という方も、きっとまだまだいらっしゃると思います。

『シークレット・ガーデン』、よろしかったらご覧になってみてくださいね。

全20部のうち、前半は笑えて、中盤は腹が立ち、後半は号泣という、ある意味フルコースなドラマです。