みなさま、こんにちは。

8月の太陽がまぶしい今日この頃、いかがお過ごしですか?
8月の花は色鮮やかで美しいですね。

さて、今日はもうじき始まる各局話題のドラマについて。


いつも思うのですが。

韓国ドラマ、毎度毎度話題作がありすぎじゃないですか?
中には「話題倒れ」の場合もあるんですが。(笑)

8月からスタートする各局のドラマ、今回もご多分にもれず話題作ぞろいです。

今のところ、土日の『最高だ、イ・スンシン』に一球入魂している私ですが(いえ、球はまったく関係ないです。言いたいだけです。すみません。笑)、時間があれば見たいドラマが勢ぞろいしていて、悩ましい限りです。



まずは『王女の男』以来大好きなムン・チェウォンさんとチュウォンさん主演のドラマ、『グッドドクター/굿닥터』。
KBS2で8月5日午後10時より月火ドラマとして始まります。



gooddoctor_image1




vi_main2




このドラマ、クァク・トウォンさんも出演しているんですね。

え~~~。困る~~~。

俄然見たくなるじゃないですか~~。(笑)


クァク・トウォンさん。
去年SBSでソ・ジソブさん主演の『ファントム』で共演され、同じくソ・ジソブさんの映画『ある会社員』でも共演された役者さんですが、他にも映画『占い師たち/점쟁이들』(日本未公開?)も見たりして気づけばすっかりファンになっている私としては、このラインナップは結構強烈です。(笑)


主演のチュウォンさんの役どころは、天才的な記憶力と空間把握能力を持つレジデント1年目の小児外科医パク・シウォン。
子どもの頃、サヴァン症候群と自閉3級の診断を受けたものの、病院長のチェ院長の絶え間ない尽力により17歳の時に「正常」の判定を受け、医師になるに至ったという設定のようです。


一方ムン・チェウォンサンは、フェロー2年目の明るくてしっかり者のチャ・ユンソ役。曲がったところがなく、人生を順調に歩んできたユンソは、元は幼稚園の先生になることを夢見てきたものの、小児ガン病棟にボランティアとして訪れて以来、医師になる決意をした人物です。
子どもが大好きで、治療の際も常に子どもの気持ちに寄り添うユンソは、先輩医師のキム・ドハンとは常にぶつかり合う関係。
でも実は学生時代からドハンに片思いしているという設定。
ドハンを思い続けてきたのに、いつの間にかシオンに心が傾き始める、といった感じのようです。


ちなみにクァク・トウォンさんは、金融界出身の病院副院長。
ジェントルな表の顔からは想像もつかない裏の顔を持っているそうです。
やっぱり。(笑)




そして。

8月7日にMBCの水木ドラマとして始まるイ・ジュンギさん主演の『2weeks/투윅스』。


2weeks_image1




イ・ジュンギさんの役どころは、しがないチンピラ、チャン・テサン。8年前に愛するイネを捨てて以来、人生を虚無に生きています。8歳の頃母親の自死の現場に遭遇するなど、強烈に不遇な幼少期を送り、チンピラとしての人生を送っていますが、心を鬼にして捨てたイネが実は自分の娘を出産しており、その子が白血病治療にかかっていることを知らされて以降、人生が変わります。骨髄移植しなければ娘の命が危ういのに、殺人の濡れ衣を着せられてしまうテサン。
テサンがかつてイネを捨てたのも、身代わりで刑務所に入らないとイネを殺すと組織のボスに脅されたためでした。娘のために逃走劇を繰り広げるテサンの様子が描かれる予定です。


そんなテサンを追う刑事パク・チェギョンをキム・ソヨンさんが演じます。
チェギョンはテサンを身代わりにしたムン・イルソクに父が切り付けられるのを目撃しますが、身代わりで刑務所に入ったのはチャン・テサン。ムン・イルソクはチェギョンがロールモデルとして憧れていた弁護士チョ・ソヒと結託して罪から逃れますが、チョ・ソヒが政治家になった衝撃で父は亡くなります。
人気政治家となったチョ・ソヒと事業家となったムン・イルソクの化けの皮をはがすため刑事になったチェギョン。濡れ衣の真相を知るテサンをなんとしても捕まえようと躍起になって追います。



なかなかスリリングでダークな物語になりそうな『2weeks』ですね。
この手のストーリーが好きな人ははまりそうです。




同じく8月7日から始まるSBSの水木ドラマは、ソ・ジソブさんとコン・ヒョジンさん主演の『主君(チュ君)の太陽』。



jugun_image2




jugun_image1




キム・ユリさんとソ・イングク君も出てますね。

このドラマは、ケチで高慢ちきで計算高いショッピングモール社長チュ・ジュンウォン(ソ・ジソブ扮)と、涙もろく霊感の強い従業員テ・ゴンシル(コン・ヒョジン)のロマンティック・ホラー・コメディということで。
なんだか全然分かりませんが。(笑)

テ・ゴンシルのあだながテヤン(太陽)、チュ・ジュンウォンはチュ君(주군)でもあり、テヤンの主君(주군)でもあるということから、タイトルがまたしてもダブルミーニングになってます。
『主君の太陽』と『チュ君の太陽』と。
こういうの、ほんと困るんですけど。(笑)

テヤンはガンガン霊が見えちゃう霊媒体質らしく、二人で悲しい霊を慰めながら距離を縮めていく、みたいな感じなんでしょうか。
予告を見たら、ちょっとだけホラーな映像もありそうなので、ホラーは絶対駄目という視聴者はこの時点で振り落とされますね。
とはいえ、あくまでもジャンルはロマンティック・コメディ・ホラー。(笑)


さぁ、どれを見ようかという感じなのですが。

PR広告


私はひとまずソ・ジソブさんのドラマを見るつもりです。
ケチでイヤな金持ち役とか、何の新鮮味も感じないのでソ・ジソブさん的にどうなのかなぁと思いながらも、やっぱりソ・ジソブさんなので心惹かれます。
ロマンティック・コメディーでホラーというのも、成功するのかしないのか、見届けたい感じがありますね。ソン・イェジンさん主演映画(『不気味な恋愛/오싹한 연애』)にそんなのがありましたが。

見終わって眠れなくなるほどには怖くないことを願いつつ、ひとまず初回放送を楽しみに待ちたいところです。