みなさま、こんにちは。

気づけば8月もはや10日。
私の愛する10cm(シプセンチ)のお二人は、サマソニに参加するためにすでに来日したかしらと遠い目になっております。
同じ空の下にいると思って自分を慰めます(だいぶ遠いけど・・・・・・)。

あれ? なんか湿っぽい?
いけない。(笑)

そんなわけで(どんなわけで?)今日もスンシンです。


今度はいつこんなラブリーなシーンが観られるんでしょう。

なんてつい思ってしまう43話のカフェでのシーン。

ジュノがスンシンの手を握って離さない、そしてスンシンが可愛さ炸裂の“너무 크다/ノム クダ”の一語を繰り出した、全国のヌナ&サムチョンペンがノックアウトされたシーン、動画でお届けします。
さりげなくイモじゃなくヌナにしているところが姑息です。(いえ、さり気どころか露骨です。笑)
サムチョンペンについては、かつて少女時代のスヨンちゃんが絶妙な定義をしてくれてますので、過去記事(コチラ)よろしければご覧ください。(笑)



こちらの動画はyoutubeのものなので、リンク切れになってしまうかもしれません。

では、どうぞ。




【スンシン】
저…대표님. 이제 손 좀 놓으면 안돼요?
チョ・・・テピョニ。イジェ ソン チョ ノウミョン アンデヨ?
あの・・・。社長。もう手離しちゃ駄目ですか?

【ジュノ】
약속해놓고 왜 이래?
ソッケノッコ ウェ イレ?
約束したくせに、なんで?

어떤 일이 있어도 약해지지 않고, 도망치지 않고, 나와 함께 하기로 했잖아.
オットン イリ イッソド ヤッケジジ アンコ、トマンチジ アンコ、ナワ ハケ ハギロ ヘッチャナ?
どんなことがあっても気弱にならず、逃げず、俺と一緒にいることにしただろ?

【スンシン】
그래도. 사람들이 쳐다보잖아요.
クレド。サラドゥリ チョダボジャナヨ。
でも。人が見てるじゃないですか。

이러다 괜히 사진이라도 찍히면?
イロダ クェニ サジニラド チッキミョン?
こんなしてるうちに写真でも撮られたら?

【ジュノ】
누가 본다고.
ヌガ ポンダゴ。
誰が見てんだよ。

아. 나 보는 거야, 나. 내가 너무 잘 생겨서.
ア。ナ ボヌン ゴヤ、ナ。ネガ ノム チャ センギョソ。
ああ。俺を見てんだよ、俺を。俺があまりにカッコイイから。

진짜야. 너 내가 얼마나 인기있는지 모르지?
チンチャヤ。ノ ネガ オマナ インキインヌンジ モルジ?
ほんとだって。お前、俺がどんだけ人気者か、知らないだろ?

남들이 채가기 전에 이렇게 딱 임자 있다고 표시해야 돼, 너.
ドゥリ チェガギ ジョネ イロッケ タ イジャイッタゴ ピョシヘヤ デ、ノ。
他の人に分かる前に「持ち主です」ってアピールしとかなきゃだぞ、お前。

【スンシン】
이러다 손에 땀띠 나겠어요.
イロダ ソネ タティ ナゲッソヨ。
そのうち手に汗疹ができますね。

【ジュノ】
땀띠 날 테면 나라지 뭐.
ティナテミョン ナラジ ムォ。
できたっていいさ。

(電話)

・・・네.

はい。

【ジュノの母】
어디니?
オディニ?
どこ?

【ジュノ】
누구 좀 만나고 있어요.
ヌグ チョ マンナゴ イッソヨ。
ちょっと人と会ってます。

【ジュノの母】
누구? 순신이?
ヌグ? スンシニ?
誰? スンシン?

설마 걔랑 같이 있는 건 아니지?
マ ケラン カッチ インヌン ゴン アニジ?
まさかあの子と一緒じゃないでしょうね?

【ジュノ】
제가 좀 바빠서요.
チェガ チョ パッパソヨ。
僕、ちょっと忙しくて。

나중에 다시 연락드릴게요.
ナジュンエ タシ ヨ トゥリケヨ。
あとでまた連絡します。

【スンシン】
혹시 어머님 아니세요?
シ オモニ アニセヨ?
もしかして、お母様じゃないですか?

【ジュノ】
아니. 회사에 좀 일이 있어서.
アニ。フェサエ チョ イリ イソソ。
いや。会社でちょっとあって。

왜 이렇게 안 먹어 순신아? 먹어. 아.
ウェ イロッケ アン モゴ スンシナ?モゴ。ア。
なんでこんなに食べないんだよ、スンシン? 食べて。アーン。


【スンシン】
너무 크다…
ノム クダ・・・
大きすぎる・・・。




台詞もつけてみました。(笑)


ノム クダ の言い方が、ほんとに可愛いです。
恋する前のスンシンなら、絶対大口開けてたのに。

あー、またこういうラブリーなシーンがみたいです。
ジュノったら、握った手を離さないと自分が言っておいて、なんでその手を離すのよぉー。
ぐすん。



ところで。

韓国ドラマって食べさせるシーンが多いと思っている日本の視聴者も結構いるのではと推測するのですが、食べることに関する感覚って韓国の人と日本の人とはかなり違う気がします。

日韓で仕事をする際に密かな摩擦を引き起こすのが、実は食事問題。

日本では夜、居酒屋さんのような場所で飲みながら夕食を兼ねるケースが結構あると思うのですが、たとえばとある催し物の打ち上げやなにかで日本の主催者が当たり前にやるこれ、実はコリアンには不評です。(笑)
食事は食事。飲みは飲み。うやむやな感じだと、「ご飯を食べさせてもらえなかった」という感覚に陥らせてしまいます。(笑)

日本の人との交流がここ十数年をみても格段に増え、日本の感覚を理解する人も大幅に増えてはいますが、それでも「自分の分だけ買ってくる」という日本で一般的なスタイルは、最初かなりびっくりされます。
「あの子、自分のジュースだけ買ってきた!!!( ̄□ ̄;)!!」みたいな。

日本だと自分の分だけ何か買うのは普通ですが(飲みたくない人、食べたくない人もいるので)、韓国的な目で見るとものっすごくケチな感じ。って言うかありえない。くらいの勢いなんですよね。
余分に買うお金がないなら、自分の分を分けるという感覚が強いんです。
韓国の人と一緒の時、特に日本に不慣れな韓国の人と一緒の時は、それを念頭に入れておくと、あらぬ「ケチ疑惑」をかけられずに済むかもしれません。(笑)

逆に、韓国ドラマでよくみる、焼肉屋さんで人にお肉を野菜で巻き巻きしてあげるシーン。
お父さんっぽい感じの人が時々やりますが、ドラマで目にするほどには頻繁ではありません。親が小さい子どもに、はありますが。

とはいえ、私はついこないだ韓国でやられたところですが。(笑)

とある地方都市。
お仕事で数年ぶりに会った男性。昔気質の人だったようで、10数人が一緒にテーブルを囲む中、私のピビンパを「俺流」の味付けで混ぜ混ぜ。
再会を喜んで下さったものと私は素直に受け取りましたが、あとで同席していた韓国女性陣から「信じらんない! なに、あの人?! 人のピビンパ勝手に混ぜるなんて、近頃おじいちゃんでもやらないのに! イヤだったでしょう?」と同情され、かなりウケてしまいました。
全然イヤじゃなかったんですけど、韓国も変わったんだなぁ、と。

ちょっと前までそんな人だらけでしたけど、アナタガタ?
いつからそんな「スマート」な文化になったと仰るの?(笑)

PR広告


44話でスンシンがジュノのスプーンにカクテキキムチを乗せるシーンを見て、ふと「一緒に食べる、食べさせるのを大切にする」韓国的感覚を思い出しました。
日本でやったら、世話焼き女房みたいで暑苦しいですよね。(笑)
ちなみに韓国でも、親しい人以外にはしませんので、くれぐれもお仕事先の人のコムタンスープに勝手にカクテキを乗せるようなことはなさらないでください。

・・・・・・イヤ、一気に距離が縮まるかも?!
保証はできかねますが、チャレンジしてみたい方はお試しください。(笑)