みなさま、こんにちは。

いよいよ、いよいよ迫ってきてしまいました、ラスト2回が。
はい、『姫の男/王女の男(공주의 남자)』のことです。
関東地方、このところ気温もめっきり下がって、寂しいことこの上ありません。
寂しい上に、ススンニムが死ぬ結末だったら、本当にこの秋を乗り切れないかもしれません。

お願いだから生かしてあげて。
お願いだから逃がしてあげて。
と毎日恐ろしい妄想を振り払っております。
だってこのドラマ、コンセプトは「朝鮮王朝版ロミオとジュリエット」。
ロミオとジュリエットの結末ってなんだっけと一瞬考えて、恐怖におののいたのは私だけではない筈です。(笑)

さて、気になる水曜放送の23回。
全然予告が出ませんね。
私が探しきれていないだけかもしれませんが、『姫の男/王女の男』23回の予告映像って、とてつもなく短いこれしかないんです。



 
 
もーーー、しかも、なにこれ!

“종아, 기다려라(ジョンよ、待ってろ)”

って、死ぬってことですか?!
やめてやめてやめてーーー!!

と韓国中の、そして日本中の、否、全世界のコンナムファンが、早くも涙目になっていることでしょう。
もーーーー。お願いだからススンニムを殺さないで。(涙目)

と激しく独り言のようになっております。
お許しくださいませ。

この23回予告映像でも使われているBGM “Vola”の動画を貼り付けておきます。
これ聴いただけで心拍数上がるの、私だけですか?
Volaはイタリア語で「飛べ」という意味なのだそうです。
この動画は9話の映像で編集されています。
9話と言えば、つらいを100回言ってもまだ足りないほどつらい、スンユの父キム・ジョンソが殺される回です。

ちなみにこの動画のあとの展開はと言えば、満身創痍になりながら、死を覚悟して乗り込んだスヤン邸の前で、愛しい女性が敵の娘だったことを初めて知るんですよね。
知ってなお、その娘の父に飛び掛かり、無残に倒されるシーン。
思い出すだけで胸が痛みます。
また思い出したい方は、こちらの記事の“하루애(one day of love)”の動画をどうぞ。




 

歌詞を英訳から和訳してみると、このような意味のようですね。

 
飛んでおゆき 向こうまで高く あなたへと

あなたの声だけが私に現実を知らしめ
あなたの愛だけが私をここに在らしめる

(感じさせて 見させて 私は真実を話している) 

もう何も聞かない もう何も見ない もう何も話さない 決して
もう眠らない もう考えない もう生きていられない 絶対に
私を死なせて 私を信じさせて 私を生かして
もうこれ以上生きられない あなたの愛なしでは

飛んで 飛んでおゆき 遠く あなたへ あなたへと

 
Vola, la su, vola lontano, a te…

sola tua voce che mi fa sentir vera
sole tue carazze che mi fanno esistere a qui

(mi fa sentir, mi fa veder, mi fa parlar, vera)

non sento piu, non vedo piu, non parlo piu, mai.
e non dormo piu, non credo piu, non vivo piu mai.
e fammi morir, fammi creder, fammi viver.
non resisto a vivere, senza tuo amore.

vola… vola… lontano, a te, a te





PR広告



この物悲しい歌の歌詞も、ドラマの内容に沿っていたのですね。


はぁ。それにしても切ないです。

どうしてあと2回で、今週限りで、終わってしまうんでしょう。(としつこく。笑)