みなさま、こんにちは。

今日から4月!
暖かいお天気に恵まれたところも多いようですが、とても気持ちのいい春の陽気に気持ちまで明るくなりますね。
先日植えた花の種が芽を出していて、ささやかな喜びを感じる今日この頃です。

などと書きつつ。

なんと!

クォン・ジョンヨル君が、結婚?!



3月28日。
突如として検索語ランキングに浮上した「クォン・ジョンヨル結婚」のワード。
映画『チスル』の幾分重苦しい記事を作成していた私の頬を強打した衝撃波。


「うぞっ!!」


完全に狼狽しきって調べましたところ、なんとそれは事実のようで。

お相手は交際2年になる女性デュオ、オクサンタルピッ/옥상달빛(略して옥달/オクタル)のキム・ユンジュ/김윤주さん。




okksangdalpit_image1




向かって左、髪がシルバーのほうがキム・ユンジュさんです。
ちなみに2月に渋谷でライブをした際は黒髪だったので、これはちょっと前の写真ですね。






okksangdalbit_image2




これもちょっと前の写真ですね。2011年頃でしょうか。




そしてこちらはクォン・ジョンヨル君とのツーショット。



kwonjyeongyul&kimyunjoo_image1





オクサンタルピッ。オクサンダルピッ。発音はどちらでもいいですが、ダルピッと記述しているほうが多いでしょうか。続けて発音して濁らしちゃったほうが言いやすいですよね。
オクサンは屋上、タルピッは月の光/月光の意味です。
ちなみにタルビッと音訳を書いているのも多いですが、月の光を意味する달빛は後ろの音を濁らせず、濃音で発音するのが正しいです。


とにかく、オクサンダルピッのお二人。
同い年のパク・セジン/박세진さんとキム・ユジンさんからなるデュオで、2010年1月にインディーズのEPアルバム「옥탑라됴/オクタプラディォ(屋根裏ラジオの意)」を発表。



okksangdalbit_1stEPalbum_image






他の人にもよくあることですけど、一番最初のアルバムって名盤ですよね。
ファンの方々が大好きな曲がギュッと詰まってる一枚です。



メジャーデビューは2011年4月26日の1stアルバム『28』。



okksangdalbit_1stalbum_image






これだけ書いただけで既に「むむ!」となっている方もいらっしゃると思うのですが。

そうなんです。
われらがシプセンチのお二人とほぼ同時期にインディーズとメジャーデビューを果たしてるんですよね。
シプセンチが最初のインディーズアルバムを発表したのが2010年4月、メジャーデビュー1枚目は2011年2月、と。


実際、去年放送されたMnetの番組に出演したキム・ユンジュさんは、二人のなれそめを「同じ時期にデビューし、ラジオやライブで共演することが多く、自然と親しくなった」と伝えています。

キム・ユンジュさんが交通事故にあった時に心配して電話をかけてきたクォン・ジョンヨル君。話があるから会いたいとのことで会いに行くと、告白されたんだとか。


そうくるわけですよね。
ええ、そりゃそうでしょう。
お互いインディーズ出身ということでシンパシーもあり、歳も近い魅力的な人たちとくれば、恋が芽生えても当然というもの。
しょうがない。認めます。



って、認めてなかったんか!


図々しいにもほどがあります。ごめんなさい。(笑)



ちなみにクォン・ジョンヨル君は1983年3月1日生まれ、キム・ユンジュさんは1984年10月27日生まれ。
どうでもいいですが、ほんのちょっとだけオッパってところがいいですね。(笑)




と。ここまで読まされて。


これがエイプリル・フールだったら、どうします?




私は「町田市を神奈川県に編入決定」の記事を読んで、朝から「えーー?!」と思いっきり騙されました。
昨日の夜までは「明日は変な嘘に騙されないぞ」と思っていたのに、起きたらすっかり騙され。
こういうのって、一瞬自分が嫌いになりかけますね。



そんなわけで、このクォン・ジョンヨル君の結婚ニュースも、嘘。


・・・・・・ではありません。大真面目です。
この日を選んで書くべきではないくらいに。(笑)



ちなみに韓国語ではエイプリル・フールは”만우절/マヌジョル(萬愚節)”。
日本語でも「萬愚節(ばんぐうせつ)」という言葉はちゃんとあるのですが、あまり使っている人は見かけませんね。


と横道にそれましたが、とにかく。

シプセンチとオクサンタルピッの事務所が二人が6月14日に江南の某所で結婚式を挙げる予定と発表したその日は、くしくもシプセンチとDAYBREAK(デイブレイク)の対バン(?!)の日。
ライブは3日間行われたのですが、結婚発表後の28日のライブでは、「今日、楽しそうだけど何かいいことあったんじゃない?」とDAYBREAKのイ・ウォンソクさんに水を差し向けられ「ウキウキしてる」と踊ってみせたとか。(出典記事はコチラ
ファンの皆さんは一斉に「おめでとー」を叫んだそうですが、多分中には複雑な人もいたでしょうね。(笑)


イヤー、それにしても、エロ歌手のクォン・ジョンヨル君が結婚ですか。
これからはあんまりエロい歌が歌えなくなるんじゃないでしょうか。
なんか、歌聞くたびにキム・ユンジュさんの顔がチラチラし出したら、若干イヤだなと思いつつ。


・・・・・・え? なんかトゲがある? 悔しがってない?


ネバーネバー! そんなことは断じて!(笑)

クォン・ジョンヨル君、ご結婚(予定)おめでとうございます!
いえ、ほんと、心から!
진심 완전 축하해요!

・・・・・・ちゃんと書いておかないと人格疑われちゃうので。(笑)


ちなみにオクタルの曲はどんな感じかというと。

二人とも透明感のある細い声で、癒される歌声。
パワフルな発声ではなく、はかない感じで歌うのが特徴ですね。
曲調は普通にポップスという感じなのですが、とにかく歌詞が切ない。
「88万ウォン世代への応援」とも称される彼女たちの歌詞は、頑張ったのに自分を受け入れてくれる場所がなくて、何も持たず、値踏みされ、傷つけられる今の韓国の若い女性たちの内面を表現しつつ、それでも希望に向かいたいというメッセージのものが多く、同世代や女性たちからの共感を呼ぶのも頷けます。
まさに、言葉の力を感じる歌。
彼女たちの歌も、そのうち取り上げてみようと思います。