みなさま、こんにちは。

いよいよやってきましたね、今年も猛暑が。
今日で7月も終わり。
暑さ対策をしっかりとりつつ、楽しい夏を過ごしたいと思います。

さて、今日はチョ・ジョンソクさん主演ミュージカル『ブラッド・ブラザーズ』の話題。


と、本題に入る前に。

すみません、私がチョ・ジョンソクさんのファンなのでチョ・ジョンソクさんばかりフィーチャーしておりますが、勿論他にも人気俳優のみなさまが揃っていらっしゃるんですよね。

チョ・ジョンソクさんとダブルキャストのソン・チャンイ(송창의)さんの舞台も大好評らしく、ソン・チャンイさんのファンもたくさんいらっしゃるのに、毎度のえこひいきで本当にすみません。


と各方面に謝りを入れつつ。

はい。
現在、弘益大大学路アートセンターで絶賛公演中の『ブラッド・ブラザーズ』。



shp_1406176046






目下流布されている様々な情報を総合しますと、今回の舞台は、ミュージカルというよりも演劇に近いのだとか。

「ソン・チャンイやチョ・ジョンソクの歌声を期待していった人は、肩透かしを食らうだろう」などと書かれてあるのを見るに、歌を聞く気満々だった私はまんまとその警告に当てはまっていたようですが、その分俳優たちの個人技がせめぎあっているのだそうです。


なにしろ冒頭。

幼少期を俳優が演じるとのことで、一体どうなるのかと思いきや・・・・・・。



ネタバレしますよ!



ネタバレしますからね!




こんな感じみたいです。




shp_1406176127





bloodbrothers_jojungsuk_image3





bloodbrothers_jojungsuk_image4






って、なにこれ!!(笑)


なんだかヤバイもの見せられそうで、ワクワク高まりました。(笑)


公開された写真を見ただけで既に笑ってしまいましたが、舞台のほうも最初は俳優たちの幼少期演技に笑いが沸き起こるようです。
でも次第に物語りはシリアスな展開になり、貧しい家庭で育ったミッキー(チョ・ジョンソク、ソン・チャンイ)と、裕福な家庭に引き取られたエディ(チャン・スンジョ、オ・ジョンヒョク)との間で悲劇が繰り広げられていくそうですが。



もう、とにかく。


ストーリーは、正直どうでも。


見たいんです。チョ・ジョンソクさんを、生で。ええ。もうそれだけ。のみ。(笑)


不埒な動機を隠そうともせず、恐縮です。

もう、一体いつ生身の姿を見に行けるのかと、情報に触れて以来ずっと気が気ではなかったのですが。


ようやく私もゲットしました。

はい。夢のVIP席。

アンド、3列目。



イェイ!! 

神様ありがとう!!(こんな時だけ。笑)




以前もここで『ブラッド・ブラザーズ』の公演について書きましたが(コチラ)、そこでご紹介した方法で今回チケットを実際にとってみました。

非常にスムーズにチケットの予約が出来ましたので、お知らせしておきますね。もし、今から予約をされたい方がいらっしゃいましたら、参考になさって下さい。
韓国語能力は一切問われませんし、シンプルでしたので。


チケットを販売しているインターパークというサイト、前回もご紹介しましたとおり、コチラが日本語による購入ページです。


ちなみに、韓国のサイトはブラウザをインターネットエクスプローラー(IE)にしないとうまく機能しないのが殆どで、特に決済をするようなサイトではほぼIEしか駄目なので、Googleクロームやその他のブラウザをお使いの方はIEからアクセスされるのをお勧めします。
他のブラウザからだと、途中フリーズすることが多々あります。

インターパークで予約を進めていくと、途中ログインを求められるので、あらかじめ会員登録したほうが楽です。
メールアドレスとパスワードを入力し、認証を得るだけの簡単なものなので。
その後、日本語ページのトップページに行き、公演一覧から選べばいいかと。


せっかくなので、パソコンからの場合ですが、どんな画面か詳しくお見せしますね。


まずは、この画面。
ここで見たい日付と時間を選びます。


bloodbrothers_interpark_image1






たとえば8月30日土曜日、午後3時の回を選ぶと、こんな画面。



bloodbrothers_interpark_image2



ちなみにVIP何席と出ていますが、これが残席数のようです。
意外に残ってます。


これでOKならば、下の赤字の「予約」をクリック。


そうすると、ログイン画面が出てきますので、先ほど決めたメールアドレス(ID)とパスワードを入力。



bloodbrothers_interpark_image3






ログイン無事完了しますと、座席を選ぶ画面に移ります。



bloodbrothers_interpark_image4




まずは日付確認。

赤字になっているところで間違いないか、今一度チェックし、「次へ」をクリック。

そうすると、いよいよ座席が出てきます。

色で座席のランクわけがされており、グレーは買えないのですが、これがもう売れてしまったからなのか、それともこれから売り出しなのかまでは、私には分かりかねました。



bloodbrothers_interpark_image5




座席をポチッと選ぶと「座席選択完了」が赤とオレンジで点滅します。
クリックすると、このような画面に。




bloodbrothers_interpark_image7



デフォルトで、座席が0になっているようなので、選んだ席に応じた数を選択します。

するとこんな感じ。



bloodbrothers_interpark_image8


手数料2000ウォンがついて、価格(このダミー画面ではVIP席)が反映されます。

問題なければ「次へ」をクリック。あとは個人情報の入手と支払いですね。





bloodbrothers_interpark_image9


こんな画面が出てきます。
実際に予約を進める場合は、IDとメールアドレスのところは最初から既に同じものが入っています。
この画面はダミーなので、抜いてあります。
ここで新たに必要事項を入力。

「次へ」をクリックすると支払い画面が出てくるので、「海外カード」を選択し、情報を入れればOK。

予約が無事終了したらバウチャー印刷場面が出てきますので、当日はそれを持っていって2階の受付で提示し、チケットをもらえばいいようです。
コメント欄より、この受け渡しの時に時間の余裕がないと行列になってしまうと情報をお寄せいただきましたので、行かれるみなさまは念頭にお入れになるといいかと思います。


どの回にどなたが出演されるのかは、前回の記事でも書きましたがコチラでお確かめください。
こちらは日本でのチケット代行購入を行う会社のページです。



いやー、しかし。

こうして書いていて気づいたのですが。


後のほうのチケットって、もしやまだ売り出されてないのかもしれなかったりしますか?!

そんなわけないですよね?!

とまるきり自信がないのですが。(笑)


色んな日付で残席を見てみたのですが、前のほうからビッチリ埋まっている回もあれば、真ん中から埋まっている回もあったりして、なにやら規則性ゼロです。どうしてそんなにバラバラなのか、俄然知りたいです。
そのあたりの詳しい事情をご存知の方、よろしかったら教えてください。単なる興味本位です。(笑)


ちなみに予約の最中、特に個人情報など入れている時に画面が固まりましたら、閉じずにグレーの「前へ」をクリックされてみて下さい。私はそれでスムーズに操作できました。



舞台の撮影、録音は勿論厳禁。
なので、チョ・ジョンソクさんのお姿などを収めることは到底出来ませんし、もとよりそんなルール違反をするつもりもありませんが、見に行きましたら会場の雰囲気などまたここでお伝えできればと思っています。

・・・・・・いや。

とか言いながら、魂抜かれてしばらく静まり返ってしまうかもしれませんが。(笑)