みなさま、こんにちは。

連日の猛暑、本当にぐったりしますね。
外に出ると息苦しく感じるほどの熱風。
私もすっかり寝不足に陥っています。

さて、今日は遅ればせの『三食ごはん チョンソン編』第11話。
チェ・ジウさん編を振り返っておこうと思います。


8月って日常業務プラス休暇という名のスケジュールが別途加わるので、普段以上に疲れますよね。
時間に追われ、暑さに体力も奪われ、色んなことに挫けかかっているのですが、チェ・ジウさんの回だけはそのままに出来ません。この義理堅さって一体?

と一人ごちつつまいります。(笑)


第11話の「チョンソン編」。
番組始まって以来初めてキム・グァンギュさんが料理を担当です。
その名も江原道名物“콧등치기/コットゥンチギ”。

要するに、そば粉で作った味噌味のきしめん?
そば粉な時点できしめんではないですね。
ズルズルすすると麺が鼻の頭にぶつかると言うところから名前がついたそうです。
キム・グァンギュさんは作り方が分からず、なぜかまず地元チョンソンのよく行くスーパーに電話をかけ、スーパーの店員さんに真向かいにある食堂の電話番号を尋ね、そこに材料とレシピを聞いてます。



jungsun2_11_1



迂回しすぎでは。(笑)



そして数日前に出産したミンキーですが、弱っていても依然テギョン君がエサをあげると小屋から出てきます。


久しぶりの抱っこ。



jungsun2_11_2




そしておなかの消毒。

こういうのは痛々しくて、見ているだけで可哀相です。



jungsun2_11_3





「一体何針縫ったんだ?」と傷口を見てショックを受けるソジニ兄さん。



jungsun2_11_4



すっかり家族のような絵面ですよね。

お姉ちゃんと弟と。・・・・・・お兄ちゃん?

って言うか、本当にグァンギュ兄さんの影が薄すぎです。
もはや誰がゲストだか。(笑)


そして、チェ・ジウさんの「やろうよ」から始まり、みんなで養蜂。
ヨモギを燃やして煙でいぶし、ミツバチを追いやるのですが。


言いだしっぺなのにミツバチが怖いジウ姫。



jungsun2_11_7





jungsun2_11_6



煙浴びてるのはグァンギュ兄貴です。(笑)


そして蓋を開けてみると、今回も蜜がたっぷり。
すごい量です。


まずはジウ姫あらためジウ奥様に蜜を献上するソジニ。



jungsun2_11_9





jungsun2_11_10





jungsun2_11_11



やっぱりフレームから外れてる人約一名。(笑)


2個目にもたっぷり蜜が詰まってたんですが、アクシデント発生。

ミツバチに刺されたテギョン君。念のため町に出て治療を受けることにします。

残りの人は蜜を絞りつつ、指舐め。(笑)

チェ・ジウさんは持参した“미숫가루/ミスッカル”と蜂蜜を混ぜ混ぜし、特製ドリンクを作成。氷も投入してひんやりと。



jungsun2_11_12





jungsun2_11_13





jungsun2_11_14



こういう素朴なのが美味しそう。

色はセメントっぽいですけどね。(笑)

ちなみにミスッカル/ミスカルとは、韓国で健康のためによく飲まれている雑穀粉のことです。香ばしくて美味しいですよね。


このあと本格的にコットゥンチギ作りに入るのですが、ここで明かされる新事実。

実はグァンギュ兄さん、以前も料理を担当したことがあるそうです。
でもその事実はすっかりかき消され・・・・・・。



jungsun2_11_15

お前が編集したんだろ!




だそうです。
よっぽどひどいものを作ったんでしょうね。(笑)


そして、サントリーニで買った鍋つかみをここで使うソジニ!


jungsun2_11_16



麺を茹でるためのお湯が沸いたところで、すかさずこの鍋掴み登場です。
勿論、即座に「サントリーニで買ったやつでしょ?」と反応するチェ・ジウさん。

二人の世界、ますます広がります。


後ろでグァンギュ兄さんが麺作りの弱音を吐いても、聞いちゃいない二人。



jungsun2_11_17



ひどすぎる。(笑)


そして続々ソジニに仕事をさせるジウ姫。
だけどなぜかソジニは、やたらと野菜の切り方が大きいと指摘。

やたらうるさいんですよね、野菜の大きさに毎度。
そのうち切れられると思います。(笑)


テギョンは町に出たついでに、今日のメニューコットゥンチギを食べてます。



jungsun2_11_18




jungsun2_11_19



思いっきりすすって鼻の頭を打とうとするも、失敗。

自由な子。(笑)


てんやわんやの中、こちらは兄貴のメニューが出来上がり。
ジウ姫作、韓国カボチャのチジミもサイドメニューに加えられています。



jungsun2_11_20



干し海老入りのチジミ、美味しそう。

ここでもチェ・ジウさん言ってますね。
雨が降ってるからチジミ/チョンを焼こう、と。
雨といえばチジミ。これがコリアン度合いを測ります。(笑)


夕食のメニューは차돌박이/チャドルバギとニラの和え物。
お肉の調達係はテギョン君。
肉を食べるためにみんなでジャガイモの収穫に励みます。総キロ数12キロ。
作物10キロ当たり1キロのお肉と交換するのがチョンソン編のルールなので、1キロのお肉を獲得。
のはずが。

お肉屋さんが3.5キロもくれました。
それを目ざとく見抜くプロデューサー。(笑)



jungsun2_11_21



残ったお肉は上に住むおうちにおすそわけです。


そしてジウ姫はお母さんにレシピを確認しつつ、各種キムチづくり。



jungsun2_11_22




キムチ作りを見てるだけでヨダレものですね。

これは左から白菜の浅漬け(コッチョリ)、ヨルムキムチ(若大根のキムチ)、わけぎのキムチでございます。

そしてこちらは脂身たっぷりのチャドルバギ。



jungsun2_11_23



チャドルバギはご覧のとおり、脂身たっぷりのバラ肉です。
かなり薄くスライスしてありますがチャドルバギは殆どが脂なので、お店で焼くと恐ろしい量の脂が鉄板から落ちていきます。
したたる脂にぞっとしつつも、こういうの、たまに食べたいですよね。(笑)




jungsun2_11_24





jungsun2_11_25




野菜たっぷりで美味しそう。

・・・・・・っていわれても、画面暗すぎですが。(笑)



食後はミンキーに残ったお肉をあげるテギョン君と、見守る二人。

なんですが。

ここで「お二人も早くお幸せに~」のテロップが。


jungsun2_11_27



なにこれ!

ほんとにこの二人、付き合ってるんですか?!

いいの? こんなテロップ勝手につけて、いいの?(笑)


この回はこれで終わりかと思いきや、さらに続くテギョン君の驚くべきベーコン作り。



jungsun2_11_28



なぜか蜂蜜入れてます。

ハーブ類を入れたまでは、まだ何がやりたいのか理解の範疇でしたが、蜂蜜は私の理解を超えました。(笑)

豚バラ肉をたっぷりの塩で漬け込むこと10時間。
その後、燻製用の塗らした木を入れたかまどで豚肉をいぶすこと5時間。
これが私がざっくり理解した手作りベーコンの行程です。

初めは鍋に薪を入れていぶしたものの、ものの10分で自然鎮火。
そりゃそうです。蓋したら酸素が入りません。

そのため急遽石窯へ移動。



jungsun2_11_29






このままで大丈夫かと心配するプロデューサーに、「僕を信じてください」とオトコマエな断言を繰り出すテギョン君。



jungsun2_11_30



この自信は一体どこから。(笑)


ここで振り返るあの日の名場面。
米を洗わずにかまどに投入したあの日のテギョン君。



jungsun2_11_31



今見ても爆笑。

この番組見てると、テギョン君の大ファンになっちゃいますね。
彼ったら本当にいい子が滲んでます。


テギョン君の頑張りが光ったこの場面、動画でご覧頂きましょう。
お肉を石窯に移動するところから収められています。








ベーコンだけじゃなく、ミンキーの様子も見に行くところが好感度をグイグイ上げてるんですよね。

テギョン君、いいな~。



こうして迎えた朝。

悲しいことに焦げちゃったベーコン。




jungsun2_11_32





jungsun2_11_33



ですよね。

これで問題なくベーコンが仕上がったりしたら、逆に嘘っぽいですよね。
ベーコンと言われないとなんだか分からない物体にはなっていますが、とりあえず食べられる部位も残ってます。


そんなちょっぴりがっかりのテギョン君をよそに、こちらは朝からラブモード。

布団を片付け、サムシセキハウスを去る準備をするジウ姫を見て、「帰り支度するなよ!」と背中で声をかけるソジニ。


jungsun2_11_34





jungsun2_11_35



マジで?!


というのは、嘘です。(笑)

このテロップは作為あり。だってこんなセリフ、ほんとは言ってません。
イ・ソジンさんは「もう帰り支度してるの?」と言ったのですが、スタッフが勝手に心の声を拾いました。(笑)


しかし、案外そう嘘でもなさそうな?
並んで歯磨きする姿がまるでカップルのようなんです。


jungsun2_11_36




この距離感は・・・・・・。(笑)


すかさず冷やかすスタッフ。


jungsun2_11_37

“두 분 되게 좋아보이세요/お二人すごくいい感じですね”






jungsun2_11_38

ニヤッ




この番組、あれですかね。
サブタイトルは「ソジニがお婿に行く日まで」?

くっつけよう、くっつけよう、やれくっつけようと、世間の大きなお世話心を大いに代行してくれてます。(笑)


動画でもご覧頂きましょう。

朝起きて、布団を片付けるチェ・ジウさんのシーンから収められています。








並んで歯磨きは、やっぱりなかなか近しい人じゃないとやりませんよね。

一体どこまでが本当なのやら。(笑)



そんなわけで、テギョン君がつくる朝食。
美味しそうな手作りマッシュポテトが添えられます。

そして肝心のベーコンには、ちゃんとベーコンの香りが!



jungsun2_11_39




それをカリカリに焼いていきます。


そして。この回きっての問題のシーンがこのあとに。
なんならここまでの「疑惑」に雄弁に答えてしまっているといっても過言ではないシーン。


カリカリベーコンを試食するジウ姫とソジニ兄さん。




jungsun2_11_40





jungsun2_11_41





jungsun2_11_42




なにこの空気感。
見つめあう視線のレーザービーム。

付き合ってるよね、絶対?


視聴者はこれ見て、このあとベーコンエッグがどうなろうと、どうでもよくなりました。テギョン君、ごめんね。(笑)


こうして疑惑を確信に変え、チェ・ジウさんがサムシセキハウスを後にするのですが。


その後12回の予告に現れたゲストは、なんとホジュン君!!!



jungsun2_11_42_1






jungsun2_11_43



ひゃっほぅ


ガールズグループを期待していたソジニ兄さんにひどい目に合わされなかったか心配です。

と言ってももう放送は終わっているのですが。(笑)




サムシセキ、やっぱりファミリーが出てくると俄然盛り上がりますね。

ホジュン君好きな私としては、やっぱり次回もまとめてしまうことでしょう。

そしてまだ見れてもいない『オー・マイ・ゴースト』。
夏休みの宿題がたまっていく気分です。(笑)