みなさま、こんにちは。

台風は大丈夫でしたか?
大型台風のあとは急速に秋の気配が漂いはじめ、あんなに嫌だった猛暑のはずが、少し寂しいですね。

今日も『三食ごはん チョンソン編』。15話を振り返ってみます。


前向き君=テギョニ
小心者君=グァンギュ
トゲトゲ君=ソジニ
切れキャラ君=ソンギュン

番組冒頭、こんな感じでプロデューサーに特徴付けられた4人。
文句がつけがたいネーミングです。(笑)

前回の続き、さぼってカキ氷のあとは、お昼のパスタ用モッツァレラチーズを買いにスーパーへGo。

せっかくの夏なのに、水遊びでもしたいというグァンギュさんに「遊んでる場合じゃない。夜入りにいけ」とマジ顔のソジニ。

夜の水辺は人間じゃない怖いのがうようよいるって話ですが・・・・・・。(笑)


ちなみに地元のスーパーにはモッツァレラチーズはありませんでした。

そうこなくっちゃですよね、オクスン峰。(笑)

ちなみにこの日のオクスン峰はなんと41度ですって!
温度計がおかしくなってるんでしょうか?
41度って、大変な暑さです。


そんな中、唯一涼を取れる文明の利器、扇風機を手にした4人組。
グァンギュ兄さんとソジニ兄さんが部屋で早速組み立てに入ります。




jungsun2_15_3





で、ほどなくゴロ寝からガン寝に。



jungsun2_15_4



イ・ソジンさん、いびきもかいてます。(笑)

暑いと体力奪われますしね。



そして、前向き男テギョン君は、一人かまどに火をつけてます。
中では兄貴たちがいびきをかいているというのに、「兄貴たちも中で一生懸命働いてますから」と健気な子。



jungsun2_15_5



テギョニは働き者なんです。
そのあとも一人でとうもろこしの袋詰め作業。
本当は兄貴たちが中でサボってることにも気づいてるんでしょうね。

・・・・・・え? 気づいてない?(笑)


二人は結局プロデューサーに起こされ。


「テギョンのファンがコメントアップする音、聞こえない? “イ・ソジンやめろ!”、“テギョンをこき使うな!”」


jungsun2_15_6






「俺たち老人だもん」 byソジニ


jungsun2_15_7



改善の見込み、なし。(笑)

しかし、本当なんでしょうか? テギョン君のファンが「こき使うな」と抗議のメール送ってくるというのは。
確かにドラマと掛け持ちでテギョン君大変ですよね、きっと。

このシーンを見て、テギョンファンが触発されていそうです。逆に。(笑)



イ・ソンギュンさんが作るパスタは、アーリオオーリオ(ペペロンチーノ)とボンゴレ。


アーリオオーリオにはイタリア国旗をあらわす赤(とうがらし)と白(パスタ)と緑(パセリ)の色が必要ということで、パセリ代わりに大根の葉を刻むイ・ソンギュンさん。




jungsun2_15_8




・・・・・・どう考えても味が全然違いそうではあります。(笑)


テギョン君とソンギュンさんが料理をしている間に、イ・ソジンさんはとうもろこしの収穫に。

結局、イ・ソンギュンさんの調理補助係はグァンギュさんが担当し、テギョン君がソジニとともにとうもろこし畑に入ります。



切れキャラ君と小心者君が一緒に働くのは、かなり危険。



jungsun2_15_9



いちいち指示しないとグァンギュさんは何も出来ません。
料理のセンスがあまりにないので、自分で判断できないんですよね。
そしてそこにオドオドもプラス。


これはイライラしそう。(笑)



こうして大声で始まるアーリオオーリオづくり。

一見したところ、ぐちゃぐちゃです。



jungsun2_15_10



「焦げる! 皿!」と大騒ぎのシェフ。


どうにかできあがり、とりあえず部屋で試食です。


jungsun2_15_11




と思いきや、口に入れる直前に開くドア。




jungsun2_15_12




なんだか悪いことしてて見つかったみたいな構図ですよね。(笑)



戻ってきた二人もパスタを食べつつ一休み。




jungsun2_15_13



テギョン君、普通にしてるとイケメンです。(笑)



ちなみにイタリアンはサムシセキでしか食べたことがないという、排他的な舌の持ち主のグァンギュさん。
グァンギュさんが言うと、なぜかホントっぽく聞こえますよね。

っていうか、ホント?(笑)


このシーン、動画でご覧頂きましょう。

鬼シェフに怒鳴られながらあたふた助手を務めるグァンギュさんのシーンです。








あの状況で「皿!」といわれ、一人前ずつのお皿を何枚も持ってきちゃうあたり、グァンギュさんの家事能力の低さを全てあらわすかのようでした。(笑)



そして今週の子犬ちゃんたち。


jungsun2_15_14



暑いので、庭の日陰にテギョン君が避難させたんですよね。


これはもう、動画でいっときましょう。

エディばかり可愛がるソジニおじちゃんにいじけた(?)サフィの家出物語の巻です。








子育てからの解放と自由を求めてひとりダンボールを出たミンキー。

真似して出てきたサフィには対応厳しかったですね。(笑)



そんなわけで、まだお昼の料理は続き。
お次はボンゴレの時間です。


jungsun2_15_15




ワインも投入され、なにやらちゃんと本格派風。

貝も続々と開いていきます。


「麺! 麺!」とまた助手に向かって叫ぶソンギュンさん。

普通に美味しそうなボンゴレのビジュアル、出ました。



jungsun2_15_16





jungsun2_15_17




自画自賛の図です。(笑)

早速、部屋で休んでいる二人にも振舞われるボンゴレ。
みんなで一緒に、本日二度目のパスタランチです。



jungsun2_15_18





jungsun2_15_19





jungsun2_15_21




ああ、ボンゴレ食べたい。(笑)



こちらも貼っておきましょう。

イ・ソンギュンシェフのボンゴレパスタづくりwithグァンギュの動画。








やっぱりボンゴレ食べたい。(笑)

炭水化物の摂取を控えたい視聴者には、罪な回ですね。



食後の4人は午後5時を目前に、完全に、バテてます。



jungsun2_15_20




猛暑の中、扇風機一台のみって、きついですよね。



休憩後は、二組に別れての収穫作業。

チーム別になると、なんとなく競争っぽくなります。



jungsun2_15_22



どうみてもテギョンチームのほうが勝ってるんですが。(笑)


それにしても、いやはやすごい広さです。



jungsun2_15_23





でも、とうもろこしって、もいですぐ食べないといけないんじゃ。





jungsun2_15_24



夕方からこんなに大量に納品されても、農協は迷惑だったりしないんでしょうか?(笑)



金物屋のトンシク君を準レギュラーよろしく呼びつけて、トラックで納品に向かいます。


納品後、すぐに代金30万ウォンを入金してくれる金払いのいい農協。

喜びの面々、そのまま全額出金に向かいます。



jungsun2_15_25




でも、時間外取引なので手数料500ウォンが足らず。
結局30万ウォンのうち29万ウォンのみ引き出します。



喜び勇んで、豚肉とキムチチゲの食材を大盤振る舞いで買い物中。


jungsun2_15_26





ちなみにトンシク君、なんとCMの仕事が入ってきたんですって!




jungsun2_15_27





グァンギュ兄さんもやったことのないCMのお仕事を、こんなふうに素人が持っていくなんて。

グァンギュさんの心は複雑です。



jungsun2_15_28





車に乗っても衝撃が薄れません。



jungsun2_15_29




この顔。(笑)


素人に負けてるんですから、ショックですよね~。


グァンギュさんのショック顔、動画でご覧頂きましょう。
スーパーでトンシク君にCMのオファーが入ったことをスタッフから知らされるところからが収められています。
グァンギュさんの笑顔、消えます。(笑)








前回は「ソジニを抑えたぞ!」とスーパーで歓声を浴びて上機嫌だったんですけどね。

そうだなぁ。
小心者をアピールした商品とかなら、どうですかね?
「僕でも仕掛けられる! ワンタッチネズミ捕り!」とか。

・・・・・・需要ないですよね。ネズミ捕りにそこまで。(笑)



帰宅後はさっそく夕食の準備。

なんですが。

ソンギュンさん、ぐったりしてます。


jungsun2_15_30



家で子どもたちの面倒を見ていたほうがよかったのではと、テギョン君に笑われてます。


一方、部屋に一人いるグァンギュさんは。

なぜか頭にタオルを巻いてます。



jungsun2_15_31




頭隠してCM祈願?(笑)



グァンギュさんの顔色が優れないことに気づいた鋭いプロデューサー。
みんなが事情を説明します。



jungsun2_15_31_1
ああ、さっきショックなことがあったから byソジニ






jungsun2_15_32
トンシクにCMのオファーがきたんだって byソンギュン






jungsun2_15_33
トンシクにCMのオファーがきたんだってさ! by3人






jungsun2_15_34
ヤメロォオオ!!!





本当にショックなんですね。(笑)



考えてみたら残酷な職業ですよね、芸能人も。

だって、人気のバロメーターがはっきりしてます。

CMの有無。(笑)



イ・ソンギュンさんはキムチチゲを作り始め、テギョン君は相変わらず火をおこしてます。


キムチチゲの味を見てもらったところ、「しょっぱいのに薄い」との微妙なお答え。



jungsun2_15_35





jungsun2_15_36





jungsun2_15_37





味を見たソジニも。


jungsun2_15_38




なにやら合点がいった様子。
そっとやってくると、さっき買ったインスタントラーメンのスープをシェフに渡します。
本来は麺だけ使う予定だったんですが、急遽スープも投入することにした模様。
そう、こっそりと。



jungsun2_15_39





でもPDにばれてますけど。(笑)


「うちもMSG(化学調味料)アリにしましょうよ!」


jungsun2_15_40




やっぱり韓国料理には化学調味料が欠かせないんでしょうか?
確かにこれが入らないとお店の味は出ないという事実。(笑)


次は牛肉を焼く番。

肉ときいて、みんなにわかに興奮しだします。

さっきまでしょげていたグァンギュさんは、肉を切るはさみを取りに猛ダッシュ。



jungsun2_15_41





jungsun2_15_42



人をおかしくさせるのは、肉。(笑)



それにしてもお肉、美味しそうです。



jungsun2_15_43





今日の苦労に乾杯。


jungsun2_15_44



牛肉のあとは、豚肉です。


男4人、立ったままほぼ無言で食べてます。



jungsun2_15_45





トゥルチギ(豚キムチ)も作り始め、この日はお肉尽くしですね。



jungsun2_15_46





そして、忘れかけてましたが、これがこの日のメインです。



jungsun2_15_47





jungsun2_15_48





jungsun2_15_49



みんなはやはり、化学調味料の味に感嘆。

いいんでしょうか、こんなんで。(笑)



翌朝のメニューを尋ねるテギョン君に近づくプロデューサー。

緊張する面々に繰り出された言葉は、なんとピザ。


「それ、ぼくも思ってました」


jungsun2_15_50



ピザは作れると何度も話していたテギョン君の回想シーンが流れます。


この子のこの自信が怖い。(笑)



ピザのオーダーで武者震いしつつ、優しいテギョン君はミンキー残しておいたお肉をあげるんですよね。

毛もすいてあげてます。




jungsun2_15_51




犬を飼ったことないそうですが、手馴れた感じなんですよね。


いつもより早い夕食を終え、部屋でぐったりしていた4人組でしたが。

また出ました、頭皮マッサージ器。



jungsun2_15_52




イ・ソンギュンさん、鳥肌をみんなに見せてます。



jungsun2_15_53


「鶏のマチルダも顔負けの鳥肌」って、なんのこっちゃ。(笑)




朝。

寝ぼけながら火をおこすテギョン君。
BGMはショパンのワルツ10番です。




jungsun2_15_55





jungsun2_15_54



・・・・・・全然音楽と合ってないんですけど。(笑)



この日の朝食は、テギョン君がピザ、イ・ソジンさんがすももパイを担当するので、二人だけが先に早起きしてます。


生地作り、大変そうですよね。

ピザソースも手作りすると聞くと、不可能な道のりに思えてきますが。



jungsun2_15_56





でも、炒めてるのをみると、なんだか美味しそうです。


jungsun2_15_57




テギョン君はピザ職人のように生地を回し始め・・・・・・。



やっぱり落とす。



jungsun2_15_58



絶対やると思った。すぐ調子に乗る子。(笑)




それでも何とか無事に残ったピザ生地を伸ばし、それらしいビジュアルに完成。

パイのほうもなんだか美味しそう。



jungsun2_15_60






あとはうまく焼けるのを祈るだけです。


イ・ソジンさんが子犬ちゃんと遊んでいる間、イ・ソンギュンさんはとうもろこしバターづくり。

バターにマヨネーズも入ってます。

焼いたあとは、粉チーズにまぶされ。




jungsun2_15_61



カロリーすごそう。

まさに悪魔のとうもろこし。
でも美味しそう。(笑)



ところが食べた面々が言うには。


「変わった味だな」


マヨネーズが微妙なんでしょうか。

その割りに、しっかり最後まで食べてましたけどね。イ・ソジンさん。(笑)



肝心のピザはというと。



ルッコラと粉チーズを乗せ、贅沢(そう)な仕上がりになりました。



jungsun2_15_62





料理の見た目って、大事。(笑)

皆さん美味しそうに食べてます。



jungsun2_15_63





jungsun2_15_64





jungsun2_15_65





一方、パイのほうはまだ生焼け。


あと1時間半は焼かないといけない感じです。

イ・ソジンさんは、責任を感じたのか一人部屋にこもっちゃいました。



jungsun2_15_66



やっぱりパイの焼け具合を気にしてるんでしょうか。(笑)



「パイ、食べれないかも」


jungsun2_15_67



PDに弱気を見せてます。(笑)



ところが。

どうにかうまく焼けたようです。



jungsun2_15_68




焦げてはいますが、手作りオーブンなのでご愛嬌。



お皿に盛ると、なおのことそれっぽくなり。


美味しいとみんなからも評判でした。


jungsun2_15_69




どうにか焼けたパイのシーン、貼っておきましょう。
イ・ソジンさんの本気の心配ぶりが見て取れます。

でもここで断固注目すべきは、挿入歌!
わがシプセンチでございます!







いや~~~~。歌に完全に頭取られちゃいました。(笑)
故キム・グァンソクさんの名曲“잊어여 한다는 마음으로/忘れなければという思いで”(邦題仮)の10cmバージョン!
音楽監督ったら、素敵



こうしてイ・ソンギュンさんはとうもろこしのお土産を手に、無事帰宅の途。


jungsun2_15_70



なかなか楽しい回でした。


そして次回は、まさかのシネちゃん再登場!








おじちゃんたちがまた大喜びしてます。
そして伝わってくる、テギョン君の喜びあふれる背筋!(笑)

「愛してるって言え!」「そんなこと言ってない!」と大騒ぎの予告編です。

でも。

シネちゃん、熱愛発覚しちゃいましたけどね。イ・ジョンソクさんと。

テギョン君、ドンマイ!(笑)


ちなみに『三食ごはん 漁村編』の第二弾も決まったようですね!

今日そんな記事を見かけて、小躍りしてしまいました。

最初の録画は9月5日だと、やけに具体的な情報まで掲載されていたのですが、本当だったら嬉しいです。


でも問題は、現在ドラマ『ミセスコップ』に出演中のホジュン君。

日程調整中で、まだ確定には至っていない模様。

初回の録画には参加できないことが確実で、うまくいけば2度目のロケからの合流なのだそうですが。

待ちます。私待ってます。
あなたのお越しを、ホジュン君