みなさま、こんにちは。

9月になりましたね。風はもうすっかり秋です。

さて、今日も終わりが近づいている『三食ごはんチョンソン編』。
パク・シネちゃんゲストの回です。




やってきました、パク・シネちゃんリターンズ!

っていい加減な命名してますが。(笑)

大爆笑の展開をお見せする前に、まずは毎度のサムシセキレギュラーの面々から追っていきましょう。


夏の終わり。
畑には数々の実り。

一番乗りでやってきたテギョン君。
大きくなったチェメ(まくわうり・金瓜)に嬉しげです。

そして2番乗りのグァンギュ兄さんを迎えるテギョン君。
とれたてチャメを、まずはグァンギュ兄さんに。


jungsun2_16_1





jungsun2_16_2



美味しい模様。


気をよくした二人、再び畑にいってチェメをもぎもぎ。
手伝うつもりのプロデューサー、なんとまだ育ってないスイカを誤ってもいじゃいました。(笑)


テギョン君も、顔より大きなスイカをゲット。




jungsun2_16_3




ちなみにビニールハウスではメロンも育ってるんですよね。
こちらはきっちり大きいです。


到着するなり、かなりの収穫です。



jungsun2_16_4




案外いい音が鳴った、プロデューサーのもいでしまったスイカを、ちょっぴり期待しつつ切ってみるテギョン君でしたが。




jungsun2_16_5




真っ白。(笑)


大きいほうも緊張しつつ包丁を入れますが・・・・・・。



jungsun2_16_6





jungsun2_16_7



こちらはおめでとう。(笑)


とれたてなのに、冷たくておいしいんですって。
不思議ですね。灼熱の太陽を浴びていたのに。

こうなると、止まりません。




jungsun2_16_8




幸せですよね~。自分で育てた作物を食べるって。

・・・・・・「育てた」かはビミョーですか?(笑)



ちなみにメロンはまだ熟れてませんでした。

韓国では、家で食べるのは圧倒的にチャメ。メロンがスーパーにたくさん並ぶようになったのも近年のことなので、グァンギュさん、開いた瞬間「これは熟してる」なんて言ってましたね。
熟したメロンに見慣れた視聴者は、ひと目でまだだと分かりましたが。(笑)


そしてテギョン君は子犬ちゃんたちのところへ。

乳離れさせなければならない時期らしく、わざとミンキーから離します。
相変わらずふわふわで、可愛いんですよね。

今日はその様子からご覧頂きましょう。








本当にぬいぐるみのようですよね。

というより、ぬいぐるみより断然ふわふわ。

癒されます




イ・ソジンさんもようやく合流し、お昼はカレー。

カレー粉は出してくれるんですって。
畑の各種野菜が入って美味しくなりそうです。



そうこうしている間に、シリーズ最後のゲスト、スタンバイ。

シネちゃん、今回は何もお土産を持たずに、畑の作物をご馳走になるつもりできたそうです。



jungsun2_16_8_1




なんだかやる気の出ないテギョン君。
ゲストが誰だか分からないからか、火をおこす手にも力が入りません。

最終ゲストのパターンを1.シネちゃん、2.チャ・スンウォンさん、3.ソジニ兄さんご所望のガールズグループ、4.グァンギュ兄さんとソジニ兄さんのお母さんを招いての親孝行バージョン、と予想していたそうですよ、テギョン君。(笑)


やる気ゼロのテギョン君でしたが、それでもスタッフの様子から誰かが来たのは気づきます。


念願のシネちゃんの登場に、満面の笑み。


jungsun2_16_9





jungsun2_16_9_1




シネちゃん、全員の拍手で迎えられてました。(笑)


こないだの電話の様子で、来るんじゃないかと思っていたと仰天発言を繰り出したテギョン君。

「え、なに、この二人もそういうことなの?!」
と視聴者色めきだったのですが。

実は先週、ソンギュンさんを加えたおじちゃん3+テギョニでシネちゃんに電話してたんですって。


「シネがテギョンと植えたとうもろこしがすごい豊作だよ~。
なにせあそこはハートが熱いからさ~」


jungsun2_16_10



会話がおっさんです。ハートが熱いとか。(笑)


しかしどんだけシネちゃんにばかり電話かけてるんでしょうね。

若干迷惑なんじゃないかって思ったりもする視聴者です。(笑)



本当に手ぶらできたのかとシネちゃんを疑うソジニ兄さん。
今回はあるものをご馳走してもらって帰ると決意してきたことを、ここでも伝えるシネちゃん。

シネちゃんがうっすら日焼けしたわけを家族とニューヨークにバックパックで旅行に行ったからと話すと、シネちゃんはニューヨークで美味しいものを食べたりしたらしいと、シネちゃんになりかわりプロデューサーに説明を加えるテギョン君。



「なんで知ってんの? 毎晩シネの名前ネット検索してる?」 by PD



jungsun2_16_11




この顔ですよ。

みなさん、どうですか?

これ、ビンゴですかね?(笑)



早く街に買い物に行って、シネちゃんの好きなメミルチョンビョン(そば粉のクレープ巻き)を食べに行こうと、露骨なアピール(?)に出るテギョン君。

ソジニ兄さん、笑っちゃってます。




jungsun2_16_12



「この積極性が俺にもあれば・・・・・・」

の表情でしょうか?(笑)


それにしても、子犬とシネちゃんのツーショットの可愛いこと。



jungsun2_16_13





jungsun2_16_13_1





jungsun2_16_13_2



シネちゃんはもう、取り合いじゃないですかね。

って誰と?(笑)

とにかく最高にいいですよね。

ちなみに三枚目の写真、左がサフィで右がエディ。
サフィのほうが大きくて、顔もその分大きいので、イ・ソジンさんはエディのほうだけ可愛がってるんですって。

ひどくないすか。(笑)


そんなこんなを、動画でご覧頂きましょう。

シネちゃんがやってきた時のテギョン君の満面の笑み、ご確認ください。









いや~。こんな子が遊びにきたら、それはテンション上がりますよね。
かわいい。きれい。性格もいい。(と勝手に決めつけ。笑)



テギョン君はシネちゃんと一緒に植えた作物がどんなに大きくなったか、率先して案内。



そんな二人をまたこそこそと羨む(?)兄貴二人。



jungsun2_16_14
テギョン、楽しそうにしてるよ





jungsun2_16_15
テギョンにはやっぱりシネがいなくちゃな




ビフォーアフターがよほど違ったんでしょうね、テギョン君。

ああ、それにしてもグァンギュ兄さんには最後までそんな人が現れず。(笑)


そして再びカレー。
テギョン君がまず野菜を炒め。



jungsun2_16_16




カレー粉投入後、シネちゃんが味見。




jungsun2_16_16_1



「おお~? 美味しい」 byシネ

「料理、上達したんだ(ボソッ)」byテギョン

「なんでそんなに恥ずかしそうに言うんだよ」byソジニ


なかなか楽しいやり取りです。
なにせ本当に恥ずかしそうなテギョン君なので。(笑)


かくしてカレー完成。
目玉焼きは、本人ご所望のためシネちゃんの+1名分にだけ乗ってます。



jungsun2_16_17_1





jungsun2_16_18
照ッ





嬉しそう。本気で照れてるし。(笑)




でも、今回はご馳走になって帰るはずのシネちゃん、結局夕飯も翌朝のご飯も担当することになりました。イ・ソジンさんのごり押しで。(笑)



食後、子犬とたわむれるカップルの図。



jungsun2_16_19



近い近い近い近い!


好きだと自然に寄っていっちゃいますよね~。
こんなの見ちゃってよかったんでしょうか。
マジっぽいんですが。

二人お似合いなんだけどな~。

シネちゃん、テギョン君、どうですか?(笑)


買い物に出る前、急に大きな雷が。
慌てて逃げ出したミンキー。

シネちゃんはミンキーを止められず、ダッシュさせられるはめに。(笑)



結局抱っこして戻ったシネちゃん、ぐったりしてます。



jungsun2_16_20




夏のにわか雨の降る間、お部屋でデザートを食べる4人。

シネちゃんが大好きだと言う、トマトの砂糖漬け。



jungsun2_16_21




出たー!

韓国では、トマトには砂糖ですよね。

市販のトマトジュースも甘いですし、日本ではトマトに塩かけて食べると言うと、仰天されます。
この夏うちに遊びに来たソウルの友人一家にも驚かれました。

ちなみに、スイカに塩をかけると言っても仰天されます。
「チェジュ島では味噌つけて食べるらしい(=だから塩もありかもね)」と妙な納得のされ方をしてしまいました。(笑)

あ。でも日本でも地域によってはトマトにお砂糖って、ありますよね。
確か東北はそうだったような。

そして、とうもろこしの収穫のために、畑に繰り出すテギョン君とシネちゃん。
在りし日のハートに再び向かう二人。



jungsun2_16_22



この何かを期待するシネちゃんの目ったら。
オンエアみたら、熱愛との噂のイ・ジョンソクさん、妬きそうですね。

ちなみに花束もカスミソウも出てきませんでした。(笑)


また雨が降り出すのですが、ひとり作業をやめないテギョン君。

実はとうもろこし畑に入る前、「たくさん持って帰る。200個くらい」とシネちゃんが言っていたんです。



jungsun2_16_23





びしょ濡れになりながらも、シネちゃんのとうもろこしは確保。



jungsun2_16_24






そんな二人のやり取りがあったとは露知らぬイ・ソジンさんが「シネも50個持っていけ」と声をかけますが、間髪いれずに答えるシネちゃん。


「200個」


jungsun2_16_25




見つめあってます。(笑)

この頃から、おじちゃん二人はややおいてけぼり気味になってます。



シネちゃんのためのとうもろこし収穫の場面、動画でご覧ください。
自分が種をまいた分は持って帰るぞというシネちゃんの強い意志に圧倒されたらしいテギョン君の頑張りが伝わってきます。
若干、脅迫を受けたんじゃないかっていうくらいの頑張り。(笑)








このバラエティの面白いところは、やはり出演者の素がどうしても拾われちゃうところですよね。
四六時中追ってくるカメラを、終始一貫意識するというのは恐らく至難の業。
ふと忘れて、普段の自分が出ちゃう瞬間があるんだろうと思わせたのが、旧ハート畑で見せたシネちゃんのテギョン君へのあの「目」です。
「私に花束は? あるんだよね?」の「目」。

シネ。ほんとはおそろしい子。(とまた勝手に。笑)


土砂降りもじきに止み、いよいよ街にお買い物に出る4人。
運転は、なんとシネちゃんです。


行きかう人々に向かってアピールするテギョン君。


「パク・シネで~す!」


jungsun2_16_26





jungsun2_16_27




やってはいけない7つの愚かなこと。

それは身内自慢。(笑)



そして見逃せない、チチポン。



jungsun2_16_28




トンネルを出て、夕日のまぶしさに同時に日よけを下ろした二人。
シネちゃんがすかさず「チチポン」という名のボディタッチ。

これは、まずいんじゃ。いや、そんなにはまずくないか。(笑)


ちなみに「チチポン」は日本でいうところの「ハッピーアイスクリーム」です。
「チチポン」と言いながらほっぺたか腕をつまみます。

・・・・・・そんな解説はいりませんか?(笑)



スーパーで、今日の晩御飯となるお魚を買う面々。



jungsun2_16_29





帰宅後のテギョン君は、ちょっとキャラが変わります。

コンセプトは、野獣?




jungsun2_16_30



このイケメンな目。
いえ、元からですがイケメンは。(笑)


なんか急に勇ましくなってるんですよね。
どういうことでしょう。

グァンギュさんがすっとテギョン君を避けるくらい、なんだか空気が変です。


まだお腹が一杯なので少し休もうと言っていたテギョン君ですが、シネちゃんが料理に取り掛かると言うとすぐ従い。

勿論下働きも喜んで。



jungsun2_16_31



すべてはシネのため。

わかりやすい。(笑)



その一方でソジニ兄貴は何かを考えてるご様子。

どうやら、ヤギたちに自動でエサをあげられるシステムを構築したいようです。
朝、泣き声で起こされるのが嫌だから。(笑)


無茶な案に引きずりこまれるグァンギュ兄さん。




jungsun2_16_32



イ・ソジンさんって、働き者なんだか、怠け者なんだか。(笑)



一方、仮想新婚夫婦。

降りる時は、自然と手を差し出し。



jungsun2_16_33


ウ~



嬉しそうに薪も運んでます。

奇声を発しながら。



jungsun2_16_34




はりきるテギョン君の姿に、シネちゃん爆笑。

そして兄さんも爆笑。


「こりゃ大変なことになるな」


jungsun2_16_35



この笑顔、好きです。(笑)


何かいいことでもあるのかと、分かってるけどつっこむプロデューサー。

テギョン君、頬を押さつつ、曇っててよく見えもしないしない山並みを、きれいだとのたまってます。



jungsun2_16_36



狙ってやってるなら、彼はホンモノです。

狙ってないなら・・・・・・。「本気」と書いて「マジ」と読むやつですね。(笑)


かたや、うるさく泣くヤギたちの頭上に寝ながら干草を落とすどうでもいい装置を作る、アメリカ留学組みのイ・ソジンと、かたやシネちゃんが傍にいることで浮かれすぎている筋肉男。

二者択一を迫られたらどっちがいいだろうかと考える視聴者。
そんな中、プロデューサーからシネちゃんに繰り出される質問。


「オク・テギョンさんは、大丈夫なんですよね?」


jungsun2_16_37



変な踊りを踊り始めてるので、猛獣つかいに確認です。(笑)

「まだ大丈夫です」と、根拠薄弱なシネちゃん。
そんな最中にもテギョン君はシネちゃんになにやらビームを送ってました。


パワーが底なしに沸いてくるのか、腕立て伏せ。


jungsun2_16_38






「最後の撮影だと思うと、悲しい」と言いながら、笑顔。



jungsun2_16_39




どこまでこの子を見せてもOKなんですか、事務所的には。(笑)



シネちゃんのために張り切って下ごしらえでも何でもやってくれるんですが。





jungsun2_16_40




笑われてます。


シネちゃんも、意外に小悪魔?(笑)






jungsun2_16_41



近い、近い!

完全に、一人でやれることを二人でやってますね。
テギョンファンの悲鳴が聞こえてきそうです。(笑)






jungsun2_16_42



だから近いってば!(笑)






jungsun2_16_43





jungsun2_16_44
境界




最高!(笑)


いや~、すごいカット抜いてきますね~。
まんまと大爆笑してしまいました。

実はあの姿勢のままお米を10回も洗っているイ・ソジンさん。
耐えられなくなって「麻酔銃持ってきて!」とグァンギュに叫んでました。
ハイテンションが止まらない猛獣テギョン君を眠らせるために。(笑)


明日の夜遅くに帰るというシネちゃんに、どうしてそんな遅くに帰るんだと言ったことをみんなの前でシネちゃんじきじきに暴露されてしまったテギョン君。

シネちゃんは翌日飛行機に乗らなければいけないらしいのです。

それをPDから聞かされ、テギョン君はため息。

「なに? もっと早く帰れってこと?」 by PD

「いや、本人が楽なほうがいいってことです。僕はここまで空港から来て、ここから空港にも行きましたけど」 by テギョン

「つまりなに? はっきり言ってみて。早く帰れってこと? それとも、もっといろってこと?」 by シネ


jungsun2_16_45





jungsun2_16_46
あ~、もう!愛してるって言え~! byグァンギュ








jungsun2_16_47
なに言ってんすか!そんなこと言ってないです!





知らんわ!(笑)


面白すぎる一連のシーン、動画でご覧頂きましょう。
まずはシネちゃんと一緒で浮かれすぎているテギョン君のシーン。
イ・ソジンさんの「ジャクソン一家自動えさやりシステム」構築を手伝わされているグァンギュさんのぼやきから始まっています。

高いお金出してアメリカ留学までしたのに、考えることは小学生だと嘆くグァンギュさんに、「お父さんが生きてたら殺されるな」と一瞬我に帰るイ・ソジンさんが笑えます。










そしてこちらは、小学生レベルの発想で完成させた「自動えさやりシステム」を誇らしげに語るイ・ソジンさんのシーン。
7時、8時、9時に一本ずつ干草を繋いだ紐を切るんですって。
全国の酪農家売り出したいアイデアだそうですが、みなさまのご判断やいかに?(笑)










そしてこちらは、擬似若夫婦とおじちゃんたちの間に引かれた、見えない38度線のシーン。

グァンギュさんに「愛してるって言え!」と言われ、本気で顔が真っ赤になるテギョン君がみものです。








ほんとは真っ赤かどうかは分かりませんけどね。
この映像ではそこまでは。(笑)

しかし、何度見ても大爆笑です。
テギョン君、あんな格好で手伝わなくても。
人の心は隠せないって事でしょうか。

それにしても、シネちゃんの指に光る指輪が気になりますね~。
思いっきり左手薬指でしたけども。
やはり意味があるんでしょうか。

・・・・・・テギョン君、ドンマイ。(笑)


このあとふざけてプロデューサーが「シネちゃんが行く前に告白はするんですか?」と尋ねるのですが、おやじギャグで返したテギョン君、口元は上がってましたが全然目が笑ってませんでした。
視聴者も、段々見てはいけないものを見ている気分に。(笑)


っていうか、この回料理が本当にどうでもよくなってます。

でも一応載せましょう。


焼き魚に。



jungsun2_16_48





海鮮チヂミ。


jungsun2_16_49





jungsun2_16_50



蒸したキャベツの上にご飯、焼き魚の身、醤油の薬味を乗せたものを包んで食べる料理です。

ってすごいテキトー。(笑)



イ・ソジンさん、グァンギュ兄さんの順で食べさせていくシネちゃん。

勿論テギョン君にも。




jungsun2_16_51



うれしか。
テギョンうれしか。

なんで博多弁なんだっていう。(笑)


じゃんけんで負けたテギョン君が洗い物を終えたあとは、部屋で寝るまでのくつろぎタイム。

のはずが。

テギョン君、台本を取り出してリーディングを始めてます。

そばに座り、一緒にリーディングをしてあげるシネちゃん。



jungsun2_16_52






いつしかソジニ兄さんの演技指導に発展。



jungsun2_16_53



こういう場面、チョンソンでは見たことなかったですよね。

新鮮です。



みんなで同じ台詞を言いあう、さながら演技力大会にもなり。

レッスンをつけてもらったテギョン君は。

「来週、アセンブリー見てください」 by テギョン

「見る! 絶対見る!」 by シネ



jungsun2_16_54




そうか~。

兄貴二人は役者暦17年、シネちゃんはこの若さで13年!

役者経歴5年のテギョン君にしてみたら、みんな大先輩ですね。



ちなみに面々が寝に入ったのは、夜中の3時。
歯磨きしがてら、流れ星を見るために電気を消しますが、残念ながら曇りで見れずじまいでした。




朝。

起きてすぐミンキーとランニングのシネちゃん。



jungsun2_16_55






ソジニ兄さんは朝のパン作り。


jungsun2_16_56





jungsun2_16_57




今日は自信満々です。




そして今朝も新婚さん風の二人。
エディとサフィのご飯タイムです。



jungsun2_16_58




コロコロふわふわの子犬ちゃんたち、もう走れるようになりました。

見てるだけで癒されます。


シネちゃんはコロッケづくり。

調理補助はグァンギュ兄さんです。



jungsun2_16_59






テギョン君が炒めた玉ねぎとハムをジャガイモに合わせまます。

こうして出来た中身を丸め、真ん中にはチーズをイン。



jungsun2_16_61





こんなの、絶対美味しいに決まってますよね。


衣を着けるとこんな仕上がり。



jungsun2_16_62




うん。コロッケです。


雨が降り始める中、急いで揚げ始めるシネちゃん。



jungsun2_16_63





傘差しながらは大変ですよね。


それでも試食シーンを見る限り美味しそうです。


グァンギュさんのチーズ、伸びてます。



jungsun2_16_64



「CM狙ってる?」なんてイ・ソジンさんに言われてましたが。

引っ張られてます、CMネタ。(笑)



楽しさ満載で終わった16話。
やはりシネちゃんが登場すると、盛り上がり方がまるで変わります。

なにしろ、あからさまにおかしくなっちゃうテギョン君。
見ていてこちらがハラハラしてくるくらいです。
これは確かに「愛してるって言え!」とでも言いたくなるかもですね。(笑)



来週も引き続き、ラストを飾るシネちゃん。

またテギョン君が大いに笑わせてくれそうで、楽しみです。

そして、内容はいいのに視聴率が取れていないらしいテギョン君出演ドラマ『アセンブリー』も、これを機に視聴する人が増えるといいですね。