みなさま、こんにちは。

今日は先月30日、不慮の事故によって命を落とされた俳優キム・ジュヒョクさんを偲び、最後の受賞スピーチとなった“第1回ザ・ソウルアワード”でのスピーチの模様などをご紹介しようと思います。










突然の訃報、本当に驚きましたよね。

まさかソウルで、昼の日中、交通事故によってお亡くなりになるなんて。

突然すぎる旅立ちに、韓国ではファンであるか否かにかかわらず、多くの人々が悲しんでいます。
かくいう私も訃報に接して以来、色々なニュースや映像を見ては涙するここ数日。

とりたててキム・ジュヒョクさんのファンというわけではなかった私でも衝撃と悲しみが癒えないのですから、ファンのみなさまはどれだけおつらいことでしょう。

特に、先月27日に行われた“第1回ザ・ソウルアワード”で助演男優賞をを受賞されたばかりだったので、ご本人もご無念いかばかりかと思わずにおれません。


追悼の気持ちを込めて、“第1回ザ・ソウルアワード”での受賞スピーチをご紹介させていただきます。
出典はNaver動画より。
初めに広告が出るかもしれません。






안녕하세요. 김주혁입니다. 영화에서는 상 처음 타봅니다.
올해로 연기 생활 한 지 20년 됐는데 이런 큰 상을 받게 돼서 너무 감사드리고요.
그리고・・・. 또 누가 왔습니까?
항상 갈증이 있었습니다. 공조라는 차기성 역할, 어찌 보면 악연인데 항상 제가 했던 역할들이 로맨틱 코미디물을 많이 해가지고 이런 역할에 대한 갈증이 있었는데 이런 기회를 주신 김성훈 감독님과 그리고 JK 윤제균 감독님께 너무 감사드리고 공조 모든 식구들께 감사드립니다.
그리고 무엇보다도 저한테 가장 큰 힘이 되는 분은 나무엑터스의 김정도 사장입니다. 제 친형보다 더 형 같은 사람입니다. 너무 감사드립니다.
그리고 이 상은 하늘에 계신 저희 부모님이 주신 것 같습니다. 감사합니다.


こんにちは。キム・ジュヒョクです。映画で賞を取るのは初めてです。
今年で俳優生活20年なのですが、こうした大きな賞を頂くことになり、本当にありがとうございます。
そして・・・・・・。また誰か来ました?
いつも飢えていました。『共助』のチャ・ギソンの役柄は、ある意味悪役なのですが、いつも私が担ってきた役柄はロマンティック・コメディものが多かったため、こうした役柄に飢えていたのですが、このような機会を与えてくださったキム・ソンフン監督とJK(フィルム)のユン・ジェギュン監督に本当に感謝しておりますし、『共助』のすべての仲間たちに感謝申し上げます。
そしてなにより、私にとって一番大きな力になってくださっているのは、ナムアクターズのキム・ジョンド社長です。実の兄よりも兄のような方です。本当にありがとうございます。
そしてこの賞は、天国にいる私の両親が授けてくれたような気がします。ありがとうございました。





・・・・・・最後の一言が本当に悲しいです。


キム・ジュヒョクさんにはたくさんの出演作があるのに、今回が映画では初めての受賞だったとは意外でした。

ちなみにキム・ジュヒョクさんのお父様は、俳優のキム・ムセンさんというかたで、2005年にご病気で亡くなられています。
誰もが知る大物俳優の息子が同じ道を選んだだけに、親の七光りと言われないようデビュー後は親と自分を切り離すべく努力してきたことなどをカン・ホドンさんのトーク番組で打ち明けている数年前の映像なども見ました。

キム・ジュヒョクさんのお通夜に足を運ぶ同僚俳優たちの数も非常に多く、キム・ジュヒョクさんの経歴の長さのみならず、慕われたお人柄まで垣間見れるようでした。
まさにこれからもっと多くの人たちがその魅力に注目していこうとしていた矢先にこんなことが起きてしまって、本当に残念でなりません。


キム・ジュヒョクさん、今年頭の1月10日行われた『共助』のプレス試写会では、セウォル号沈没事故を悼む黄色いリボンを胸に登壇されていたのですね。
















この日はセウォル号沈没事故が起きて1000日目。

セウォル号を忘れないという気持ちを込め、大切な場にこうした姿で現れてくださるような、社会の出来事にも目を向けていらっしゃる方だったのですね、キム・ジュヒョクさん。


『共助』に先立ち『敵と共に眠る』でも共演したユ・ヘジンさんは、10月31日夜、お通夜に向かう前に開かれた「第7回美しい芸術家賞」に参加し「映画芸術家賞」を受賞されたそうですが、その席で受賞の辞を述べる際、「自分が美しいかどうか考えてみました。美しさとは多くのものを備えていなければならないと思います。これを機に、少しずつ備えながら生きていかなければと思いました」と述べた後言葉を詰まらせ、「皆さんご存知かと思いますが、私と同じ空間で生きてきたキム・ジュヒョクさん、ご冥福をお祈りします」と涙声で話されたそうです。
共演者、同僚たちの受けた衝撃も、きっと計り知れないものがあるのでしょう。



最後に「ノーカットV」が昨日配信したキム・ジュヒョクさん追悼動画をご紹介します。

動画の内容はキム・ジュヒョクさんの主な出演作をまとめたものです。
動画はNocutVのyou tube公式チャンネルより。







【1972-2017】
キム・ジュヒョク・・・・・・そしてクテンイ兄さん

2017年10月30日
突然の事故で この世を去った

キム・ジュヒョクフィルモグラフィー:出典 当該ウェブサイト

(1999)ドラマ-カイスト
(2002)YMCAや球団
(2003)シングルス
(2004)ホン班長
(2005)ドラマ―プラハの恋人
(2005)クァンシクの弟クァンテ
(2005)青燕
(2011)闘魂
(2013)ドラマ―ホジュン〜伝説の心医
(2015)ビューティ・インサイド
(2017)ドラマ―アルゴン
(2017)共助

幅広い演技で多くの人に愛された俳優 
出典 ナムアクターズ公式you tube

映画『カップルズ』インタビュー映像 出典 

いつも毎回どの作品でも試写会の日は緊張します
『カップルズ』にかなり期待してますし、自信もあります
みなさんも必ず見に行かれて、楽しんでくださって、いい評価を、いや悪くてもいいので、評価をお聞かせてください
健康に気を付けて
季節の変わり目なので 健康には気をつけてくださいね
ファンの健康を気づかうキム・ジュヒョク
お元気で

彼が去ってまだ1週間も経たないというのに
もう恋しいです

SNSを埋め尽くす
ファンによる追悼の熱

2017年10月27日 第1回ザ・ソウルアワード
助演男優賞(映画『共助』受賞後に撮った
生前最後の写真

もう一つの星となって私たちのもとを去っていったキム・ジュヒョク
ファンは彼のことを 笑顔と感動を与えてくれた
本物の俳優として憶えていることでしょう

故人の永遠なる安らぎと平穏をお祈りします








実は来年度、キム・ジュヒョクさんが出演された映画が3本公開を控えています。

チョ・ジヌンさん、リュ・ジュンヨルさんらとともに主演を務めた「毒戦/독전」(仮題)、チョンウさん、チョン・ジニョンさんらと主演を務めた「フンブ/흥부」、特別出演したヒョンビンさん、チャン・ドンゴンさん主演の「猖獗(しょうけつ)/창궐チャングォル」。

いずれも公開の待たれる大作ぞろい。



PR広告




ファンにとっても、監督やスタッフ共演者にとっても、これら映画の公開は、キム・ジュヒョクさんにまた会えたという喜びとともに、彼がもういないという大きな悲しみがまたぶりかえす時間になるのでしょうね。
今からその空いた穴の大きさを感じて、既に悲しくてたまらない気持ちです。

これからキム・ジュヒョクさんが残していった足跡をたどり、まだ見ていない作品をゆっくり見ていきたいです。


ご冥福をお祈りいたします。