みなさま、こんにちは。

昨日3月7日は、ソ・ジソブさんのDVD&フォトエッセイ、『プロダクションノート By ソ・ジソブ in Always』の発売日でした。

この日をお待ちになっていたファンのみなさま、おめでとうございます!






映画『오직 그대만(ただ君だけ:邦題仮)』のオファーを受けた日から完成までのプロセスを主演俳優の目で綴ったフォトエッセイ『ソ・ジソブのただ君だけ』は、撮影現場のソ・ジソブさんがどんな心持ちで演じているかや、監督やスタッフにソ・ジソブさんがどう映っているかなどを率直なタッチで記した興味深い一冊なのですが、今回発売となった『プロダクションノート By ソ・ジソブ in Always』には、映画のメイキング・インタビュー映像(DVD)とともに上記フォトエッセイの日本語版が収められています。

こちらが韓国版の表紙。




この画像は帯が付いているのでちょっとわかりにくいかも知れませんが、本のデザインはまったく同じになっています。勿論、表紙だけでなく、中身もすべてです。違いといえば「DVD」の刻印のとおり、今回発売になったものはDVDがメインです。

前作『ソ・ジソブの道』に続いて2作目のエッセイを出されたソ・ジソブさんですが、ソ・ジソブさんの紡ぎだす言葉にはアンニュイな、それでいてメロウな雰囲気があって、魅力がありますよね。
最後のほうには、映画を手放さなければならないソ・ジソブさんの寂しさが伝わってくる記述もあり、訳しながらちょっと胸がつかえることも。

どうぞこのDVD&エッセイ、映画が、多くの人に愛されますように。


ソ・ジソブさんの新作DVD&フォトエッセイが発売となった昨日、偶然ですが私のブログも1周年を迎えました。
みなさまにおかれましても、様々なことが日々胸に去来する1年だったと思いますが、この拙いブログを訪れてくださるみなさまが、少しでも笑ったり、楽しいと感じてくださったなら、幸甚に存じます。


いつもご覧くださり、言葉をかけてくださるみなさま、ありがとうございます。いつも楽しい情報を教えていただき、感謝にたえません。
さしたるお役立ち情報もお届けできず、今までどおり気の向くまま、好きなように綴るだけのブログになってしまいそうですが、これからも、どうぞよろしくお願いいたします。