みなさま、こんにちは。

関東地方、少し肌寒い気温の中、桜が花をほころばせています。

さて、今日は先日あったパク・シフさんのファンミについてなど。

今回のパク・シフさんのファンミ、韓国経済新聞の記者を同行させたのですね。
記事を見てみると、すべて韓国経済新聞のもののようですが。
韓国の所属事務所が仕込んだものと思われますが、抜かりがないですね。「日本でもこんなに人気だよ」と韓国内にアピールするまたとないチャンスですものね。
韓国の読者の人たちは、パク・シフさんの日本での人気に、驚いたのではないでしょうか。「え?! いつのまに?!」みたいな感じで。(笑)

では、4月3日、ご本人のお誕生日と重なったファンミの様子を記事よりピックアップしてみます。

 

















 


会場にも降りられたのでしょうか。目の前で見たら、狂喜乱舞しそうです。(笑)
それにしても、すごい人ですね。







そして最後はこのポーズ。だったそうですが。




ちなみに上記写真の原文はこちらから見れます。韓国語ができなくても、4月4日付けの記事を辿って、上記の写真の原本が見れます。
韓国語の打てる方は、直接韓国経済新聞のウェブサイトにアクセスし、エンターテインメント欄から、もしくはお名前を入れて検索してみても見れると思います。

さて、記事から一部抜粋。

박시후는 “이렇게 많은 분들께 생일 축하를 받게 되어 영광이고 평생 잊지 못할 생일이 될 것 같다. 오랜만에 갖게 된 일본 팬미팅에 찾아주신 팬 여러분들께 정말 감사드리고 더 좋은 작품과 무대로 빨리 다시 찾아뵙겠다”며 소감을 전했다.

パク・シフは、「こんなにたくさんの方々に誕生日を祝っていただくことになり、光栄だし、生涯忘れられない誕生日になりそうだ。久しぶりに開かれた日本のファン・ミーティングにお越しくださったファンのみなさまに本当に感謝を申し上げたいし、より良い作品とステージを引っさげて早いうちにまたお目にかかりたい」と感想を伝えた。

 

というわけで、最後はこの一枚で締めくくらせていただきます。

 




この写真。
真ん中のプラカードの文字は「고맙다」となっているようですが。

なぜに上から目線?(笑)

「고맙다」は「ありがとう」と訳されるので、一見日本語のニュアンスと同じかのようですが、韓国語としては思いっきりタメグチの上から目線のニュアンスです。非常に親しい友達か目下の者に対してでなければ、日本語でいうところの「ありがとう」のニュアンスに最も近い「고마워요/コマウォヨ」を使うのが一般的なんですよね。韓国語は語尾に「요/ヨ」がつくだけで、丁寧語になるんです。それでもやっぱりタメグチっぽく軽い感じで「ありがとう」を言いたい場合は、「고마워/コマウォ」がいいでしょうね。

とはいえ。海外のファンが自分のために一生懸命作ってくれたことを思えば、パク・シフさんも決して「上から」などと思わず、「頑張ってくれたんだな」と微笑ましくご覧になったでしょう。ご心配には及びません。

他にも、会場の写真でイマドキの子っぽくわざとスペルを間違えて「お誕生日おめでとう」の「생일축하/センイルチュッカ」を「생일추카/センイルチュッカ」と書いてらっしゃる方もいらしたり。ツワモノですね。(笑)

掲げているプレートを見ているだけでも楽しくなりました。