みなさま、こんにちは。

今日は『大丈夫、愛だよ』のOSTをアップします。
ウララセッションが歌う“Love Fiction”。




It's OK, It's love_OST album image1





このドラマが恋愛ものだったことを思い出させてくれる、軽快な一曲、“Love Fiction”。

沖縄編以降、楽しげなこの曲がかかるタイミングが果たしてあるのかどうか、ドラマの進みいきを見ながらいささか疑問ではあります。(笑)


後半はかからなくなる可能性大ですが、それでもアップする理由はというと。

歌っているのがウララセッション(울랄라세션)だから。




ulala session_image1




2011年に、テレビのオーディション番組『スーパースターK3』で優勝したウララセッション。

彼らが勝ちあがる過程を見てきたので、思い入れがあるんですよね。

番組出演時は、メンバーのひとりが身重の妻がいるということで脱退し、4人でオーディションに挑んだウララセッションでしたが、後にメンバー復帰し、元の5人に。


ところが、リーダーのイム・ユンテクさんが、去年の2月にかねてからの病状が悪化し、32歳の若さで亡くなってしまったのです。

現在は4人で活動中のウララセッション。



ulala session_image2




4人になってしまったウララセッションに頑張って欲しいと願っている人は、たくさんいると思います。イム・ユンテクさんは、オーディションを受けている時点ですでに、余命数ヶ月と宣告を受けるほど癌の進行が進んでいる状態でしたが、そんなことを微塵も感じさせないオーディションでの毎度のステージは圧巻の一言でした。
みんな、奇跡を願っていたのに、本当に残念です。

そういえばイム・ユンテクさんが亡くなる直前の2012年の冬、IUちゃんとデュエットした曲も、1年半以上の月日を経て去る6月30日に音源が公開されました。(曲名“애타는 마음”)
歌を聴くと、この後すぐに亡くなるとはとても思えないようなパワフルな歌声で、悲しさがいっそう増してくるのですが・・・・・・。


ともあれ。


4人になってもイム・ユンテクさんの分まで頑張って欲しいウララセッション。

今回は作詞にも加わったメンバーのパク・クァンソン(박광선)さんも、このとおり自らプロモに一役買ってます。



ulala session_image3





ドラマの人気とともに、彼らの歌うOSTも注目を浴びて欲しいと願いつつ。


では、まいります。

こちらの動画はyou tubeのCJENMMUSIC Officialチャンネルのものです。
80年代のディスコミュージックを髣髴させる仕上がりになってます。





Love Fiction

넌 몰랐겠지만 Love is Fiction
이미 모든 건 다 정해져 있는 걸
그대 You’re my destiny
첨 본 순간부터 시작된 Story

넌 신데렐라 니 하나뿐인 왕자는 나잖아
늘 곁에 있을게 같이 웃어줄게
넌 그냥 있으면 돼

이제야 말하는데 널 만난 건
맹세코 절대로 우연히 아니야 이제야 고백하는데
니가 나를 만나기 훨씬 전부터 내 여자였어

Cuz You make me feel it up
사랑은 Fiction 다 널 위한 Fiction 난 진심인 걸
Cuz You make me take it up
시작된 거야 너와 나의 Love Fiction

나 고백하지만 Love is Fiction
이미 너의 맘을 다 알고 있는 걸
그대 You’re my Sunshine
나를 잠 못 들게 하는 넌 Caffeine

난 어린 왕자 늘 너에게만 기대고 싶은 걸
언제 어디서나 니 편이 돼줄게
넌 그냥 있으면 돼

이제야 말하는데 널 만난 건
맹세코 절대로 우연히 아니야 이제야 고백하는데
니가 나를 만나기 훨씬 전부터 내 여자였어

Love Love 달콤한 Romance Love Love 그대와 오 오 오 예
Love Love 유치한 Story Love Love 그대와 영원히

오직 너만을 사랑해

이제야 말하는데 널 만난 건
맹세코 절대로 우연히 아니야 이제야 고백하는데
니가 나를 만나기 훨씬 전부터 내 여자였어

Cuz You make me feel it up
사랑은 Fiction 다 널 위한 Fiction 난 진심인 걸
Cuz You make me take it up
시작된 거야 너와 나의 Love Fiction
너와 나의 Love Fiction


知らなかっただろうけど Love is Fiction
すべてはあらかじめ定められてるのさ
君を You’re my destiny
はじめてみた瞬間から始まっていた Story

君はシンデレラ たったひとりの王子様は俺でしょ?
いつでも傍にいるよ 一緒に笑ってあげるよ
君はただそこにいればいい

今だから言うけど 君に出会ったのは
誓って 絶対 偶然じゃない 今頃告白するけどさ 
君は俺に会うずっと前から 俺の女だったんだ

Cuz You make me feel it up
愛は Fiction すべて君のための Fiction 俺の本心なんだ
Cuz You make me take it up
始まったのさ 君と俺の Love Fiction

告白するけど Love is Fiction
すでに君の心は全部お見通しなんだよね
君 You’re my Sunshine
俺を眠れなくさせる君は Caffeine

俺は星の王子さま いつだって君にだけは頼りたいんだ
いつでもどこでも君の味方になってあげるよ
君はただそこにいればいい

今だから言うけど 君に出会ったのは
誓って 絶対 偶然じゃない 今頃告白するけどさ 
君は俺に会うずっと前から 俺の女だったんだ

Love Love 甘い Romance Love Love 君と oh oh oh yeah
Love Love 幼稚な Story Love Love 君と永遠に

ただ君だけを愛してる

今だから言うけど 君に出会ったのは
誓って 絶対 偶然じゃない 今頃告白するけどさ
君は俺に会うずっと前から 俺の女だったんだ

Cuz You make me feel it up
愛は Fiction すべて君のための Fiction 俺の本心なんだ
Cuz You make me take it up
始まったのさ 君と俺の Love Fiction
君と俺の Love Fiction


ノン モラッケッチマン Love is Fiction
イミ モドゥン ゴン タ チョンヘジョ インヌンゴ
クデ You’re my destiny
チョ ボン スンガンブット シジャッテン Story

ノン シンデレラ ニ ハナプニン ワンジャヌン ナジャナ
 ギョッテ イッスケ カッチ ウソジュ
ノン クニャン イスミョン デ

イジェヤ マラヌンデ ノル マンナンゴン
メンセコ チョテロ ウヨニ アニヤ イジェヤ コベッカヌンデ 
ニガ ナル マンナギ フォシン チョンブット ネ ヨジャヨッソ

Cuz You make me feel it up
サランウン Fiction タ ノ ウィハン Fiction ナン チンシミンゴ
Cuz You make me take it up
シジャッテン ゴヤ ノワ ナエ Love Fiction

ナ コベッカジマン Love is Fiction
イミ ノエ マム タ アゴ インヌンゴ
クデ You’re my Sunshine
ナル チャ モットゥゲ ハヌン ノン Caffeine

ナン オリン ワンジャ ヌ ノエゲマン キデゴ シップンゴ
オンジェ オディソナ ニ ピョニ テジュ
ノン クニャン イスミョン デ

イジェヤ マラヌンデ ノル マンナンゴン
メンセコ チョテロ ウヨニ アニヤ イジェヤ コベッカヌンデ 
ニガ ナル マンナギ フォシン ジョンブット ネ ヨジャヨッソ

Love Love タコマン Romance Love Love クデワ
Love Love ユチハン Story Love Love クデワ ヨンウォニ

オジン ノマヌ サランヘ

イジェヤ マラヌンデ ノル マンナンゴン
メンセコ チョテロ ウヨニ アニヤ イジェヤ コベッカヌンデ 
ニガ ナル マンナギ フォシン チョンブット ネ ヨジャヨッソ

Cuz You make me feel it up
サランウン Fiction タ ノ ウィハン Fiction ナン チンシミンゴ
Cuz You make me take it up
シジャッテン ゴヤ ノワ ナエ Love Fiction
ノワ ナエ Love Fiction




80年代のディスコミュージックって言うか・・・・・・。ずばり、アース?

でもいいんです。音楽は模倣というじゃありませんか。(ちょっと違う?笑)


アイドル男子グループがあれだけしのぎを削っている韓国芸能界で、30過ぎたストリート出身の渋いウララセッションが活躍できる場がたくさんあるかは分かりませんが。アンド、ライブでのパフォーマンスで魅せるタイプの彼らなので音源で競争力を発揮できるのかも定かではありませんが、とにかく私としては売れて欲しい。楽しんで、頑張って、売れて欲しいと。
もう親戚か! ってな具合に肩入れしております。
うん、でも彼らにはそういう「親戚」、一杯いることでしょう。(笑)


しかし改めて聴いてみてふと思ったのですが。



こんな感じのラブ満載なラスト、どうして私はこないと決め付けているんでしょう。

分からないですよね。こういう能天気なラスト、くるかもしれないですよね。OSTって大体ドラマの内容に沿ってますよね。「なんだぁ~。最後はロコかぁ~」ってなるかもしれないですよね。

期せずして、なにやら希望が沸いてきました。