みなさま、こんにちは。

今日は『チョンダムドンのアリス』の9話のシーンから動画を。

(載せてある動画から自動的に音声が流れてしまいますのでご注意ください)

すごいですよね。
放送直後から名シーンが切り取られ、アップされ、そしていつしかリンク切れになり。(笑)


9話の私の好きなシーン、自分のために貼らせていただきます。

まずは、セギョンの家に上がりこんで、酔っ払ってマイウェイを歌うスンジョのシーン。
セリフは9話の記事をご参照ください。







パク・シフさんはお酒を少し飲んでもすぐ赤くなる体質だそうなので、この首と腕の赤さは本当にアルコールを摂取したのかなと思いました。
文字通り、体を張っていらっしゃる感じですね。




そして、不意打ちポッポシーン。
スンジョが送ったメールをセギョンが読んでいるところから始まります。
途中2箇所、若干の編集があります。







かわいい。(笑)

パク・シフさん、なにでみたかちょっと失念してしまいましたが、番宣番組かなにかでムン・グンヨンさんに「オッパはスンジョを実は地でやってるんじゃないか」と言われていて、深く同意してしまいました。はじめはあんな壊れたキャラを演じて大変だなと感心していたんだけど、撮影で接する回数が増えるにつれ実は普段からああなんじゃないかと思えてきたという文脈だったと記憶していますが。
一番近い共演者のムン・グニョンさんの言葉なので、相当信憑性が高い気がします・・・・・。(笑)




そして9話ラスト、スンジョの告白シーン。
スンジョが川辺でセギョンを必死に探している場面から、スンジョの告白が終わるところまでが収まっています。







うーん、名場面です。

“チジラゲ サランヘヨ/찌질하게 사랑해요”
このセリフのセンス、好きです。新鮮なニュアンスかも。

찌질하다/チジラダ、名詞になるとチジリですが、この言葉は色んな含意があるので、ガキっぽい、セコイ、人間の器が小っちゃい、キャラで言うとのび太もスネ夫もチジリなんですが、世の中にあまたチジリはいてもこんなにかっこいい告白が出来る人はいません。(笑)

しかしながら主演のお二人、涙も即座に凍ってしまいそうなほど、見るからに寒そうです。

こちらも目を潤ませて感情移入してしまう感動的場面ながら、俳優のみなさんが耐えている寒さが心配になって早く帰らせてあげたいと思ってしまうという、なんともアンビバレントなシーン。階段を駆け下りるスンジョが転びはしないかと、一瞬心配してしまいました。動画には収められていませんが、このあとタミーホンの元へピンヒールで駆けて行くセギョンにもハラハラしました。道路が凍結しているので、本当に撮影中の怪我などないよう気をつけていただきたいです。

PR広告


9話、なかなか名シーンが揃っています。
高視聴率だった裏番組の『メイクイーン』も終わり、視聴率も年末の8話の10.9%から一気に15.2%までアップしましたね。
いや~、8話を見終えた時はどうなることかと思いましたが、私の危惧をものともせず視聴率が出て本当に良かったです。熱演されている出演者のみなさんも、視聴率が伸びれば間違いなく励みになりますよね。

内容的にも他と違う独特な世界観を、このあとも描きたかったとおりに表現していって欲しいです。