みなさま、こんにちは。

世の中は連休最終日ですね。
どこかにお出かけの方も、今日もお仕事という方も、いい一日でありますように。

さて今日は、韓国の人気兄妹デュオ「楽童ミュージシャン/AKMU/악동뮤지션」の『ラーメンなのか』を取り上げてみようと思います。






CMなどでも活躍中のとにかく実力派デュオなので、お好きだという方も多いと思います。

お兄さんのイ・チャンヒョク(이찬혁)さんは1996年9月12日生まれ。
22歳になりたてですね。
妹のイ・スヒョン(이수현)さんは1999年5月4日生まれの19歳。
ちなみにお兄さんは現在兵役中です。

いやしかし、若いとは思っていましたが、改めて確認してみると、本当に若い!
彼らが世間を驚かせたのがさかのぼること6年前のオーディション番組なのを思うと、驚異的です。
満16歳と13歳で「K-POP STAR2(SBS)」の優勝者になっちゃったんですね。

今日取り上げる『ラーメンなのか』は2013年2月、番組の中で歌われたオリジナル曲で、「K-POP STAR2 TOP10」というアルバムに収録されています。







現在はYGに所属している彼らですが、オーディションの間は勿論アマチュア。

アマチュアでこの作詞、作曲力。
正直、事務所は何の手をかけなくても既に出来上がってる子たちですよね。(笑)


ご両親が宣教師で、兄妹がそれぞれ小学6年生、3年生の時にモンゴルのウランバートルに一家で移住。
この経歴にも驚きますが、二人が通える学校がなく、ホームスクーリングだったそうです。

うん。野放しって、重要。

って、別に野放しではないですよね。
憶測失礼いたしました。(笑)

オーディションを受けるために二人だけ韓国に戻り、おばあちゃんの家に身を寄せながら挑んでいたことなども明かされ、世の少年少女のみならず子育て中の親世代まで心を鷲掴みにした彼ら。

独自の世界観を確立し、のびのびと、やりたいことをやって大成功。

なかなかあることじゃないですよね。なによりなかなかないのは「宣教師の両親と有無を言わさぬモンゴル移住」でしょうけど。(笑)

さて、そんなAKMU(AKDONG MUSICIAN/アクトンミュージシャンの略)がオーディションで披露した曲の中では、相対的に評価が低かったように思われる『ラーメンなのか』。

この曲がですね、色んな場面で現在もやたら耳にするんです。
特にはテレビ番組でラーメン食べてるシーンなんかに。
私が今取り上げてるのも、先日ラジオで流れてきて以来、耳から離れななくなったからです。(笑)

しかも一昨日9月15日は、韓国で初めてラーメンの袋麺が発売された日!
1963年9月15日に初めて発売されたラーメンは、ひとつあたり10ウォンだったそうです。
当時の庶民にとっては結構な高価だったと聞きます。

今では日本でも韓国スーパーに行くまでもなく、簡単に韓国の袋麺、カップ麺を買えますよね。
なんでも昨年1年間の韓国インスタントラーメン総輸出額は、1兆9千970億ウォンだそうですよ!
びっくり!
いまや世界中に韓国ラーメン!

・・・・・・ってこの情報どうでも良かったですか?(笑)

どうでもいいついでに、私の好きなラーメンは、これです。
オットゥギの「牡蠣ちゃんぽんラーメン/굴진짬뽕」。





とてつもなくどーでもよくて、すみません。(笑)

いや、でもこれ美味しいんですよ~。
韓国の中華料理屋さんでも、メニューにあれば「牡蠣ちゃんぽん(クルチャンポン)」はよく頼みます。
お店の牡蠣ちゃんぽんは、色的にも一見全く辛そうに見えないのに、刻まれた青唐辛子が入っているのが、罠です。(笑)

どうでもいいこと書いたついでに、ラーメンや調味料などを製造している食料品メーカーのオットゥギは、一部消費者の間で「ゴットゥギ/갓뚜기」と呼ばれる優良企業。
「God+オットゥギ」の意味です。
オットゥギは33000人の社員のうち、正社員率99%。
なんでも「人間を非正規職で使うな」が先代会長の信条だそうで、現会長も先代の意をつぎ2015年には大型スーパーの試食コーナーで働く1800名の方々を全員正社員に転換させたそうです。
こういう会社は応援したいですよね。特に今のような時代。

応援ついでに、辛い韓国チャンポン好きにはオットゥギの「チンチャンポン/진짬뽕」も人気商品です。


と、ラーメン話題をふりまいたところで、本題に。(笑)

ご紹介するAKMU(韓国ではアンミュと発音)の『ラーメンなのか』は、一見ふざけているようでいながら、そこはかとない若者の憂鬱、わびしさなんぞも感じ取れ、私は好きな曲です。
はつらつとした中にも特有の憂いを織り交ぜてくる曲が多いんですよね、AKMU。
作詞作曲は全てお兄さんが手掛けているのですが、彼の韻を踏む歌詞は言葉選びのセンスが本当に抜群。
そして二人とも歌が上手いのですが、妹のスヒョンさんの声が本当にきれい。
みなさまもきっと聞いてるうちに、いつの間にか切なさ交じりでラーメンをすすっている自分を発見されることでしょう。「ラーメンなのか」と思いながら。
そんな意味ではやや危険な曲ですが。(笑)


動画はyou tubeのものです。
公式動画ではないので、リンク切れの際はご了承ください。




라면인건가

오늘 아침에도 내가 뭘 했는지를 몰라
아니 내게 아침이란 게 있나
한 아마 12시쯤에 인났었지

달력을 보니 오늘은 고백데이래
창밖에 남자 여자에게 고백해
난 친구에게 내 잘못을 고백해

십이시간을 넘게 자도 일어나보면 졸려
매일 똑같은 하루 이런 날 보면 질려
걷는 게 귀찮아서 배로 누운 그대로
여기저기 닦다보니 안 해도 돼 걸레로
청소말이야
계란말이 하나 밥상에 올라가도 이게 웬 떡이야
그림의 떡이야
날마다 찬장을 열어보면 어제 먹고 남은 반 쪼가리

라면인건가 라면인건가 라면인건가
오늘도 내 점심은
라면인건가 라면인건가 라면인건가

오늘 아침에도 내가 뭘 했는지를 몰라
아니 내게 아침이란 게 있나
한 아마 12시쯤에 인나

커튼 사이로 해가 빛나면 나도 신나서
양치도 안하고 놀다가 밤이 되서야 후회를 하지

사실 내 맘은 이렇지 않은데
하고 싶은 거 많고
그 곳에 몸을 담고 의미 있는 일분을 살고 싶어도 시간은 가는데

하루 종일 티비가 켜져 있어
그 속엔 웃음이 가득하지만
티비에 비추는 내 모습은 점점 비만이 돼 가
나의 미래가 being like 띵띵 불어버린

라면인건가 라면인건가 라면인건가

라면인건가 라면인건가 라면인건가
오늘도 내 점심은
라면인건가 (라면인건가)
라면인건가 (라면인건가)
Let’s Go!


今朝も自分が何をしていたのか分からない
いやぼくに朝なんてもんがあったんだろうか
多分12時くらいに起きたと思う

カレンダーを見たら今日は告白デーだって
窓の外では男が女に告白してる
私は友だちに過ちを告白する

12時間以上寝ても 起きると眠い
毎日同じ一日 こんな日はうんざりする
歩くのが面倒で 腹ばいのまま
あちこち磨いてたら雑巾がいらないね
って掃除の話
卵焼き一つ食卓に並ぶだけでも なんてラッキー
って絵に描いた餅だよ
毎日棚を開ければ昨日の食べ残し

ラーメンなのか ラーメンなのか ラーメンなのか
今日もぼくの昼飯は
ラーメンなのか ラーメンなのか ラーメンなのか

今朝も私が何をしていたのか分からない
いや私に朝なんていうものがあったのかな
多分12時くらいに起きて

カーテンの隙間から太陽が差し込むと楽しくなって
歯磨きもせず遊んでは夜になってようやく後悔する

内心はこんなじゃないのに
やりたいことも多いし
そこに身を委ねて意味のある1分を生きたくても
時間は過ぎるものなのに

一日中テレビがついてる
そこは笑いで満たされてるけど
テレビに映り込んだぼくの姿は段々肥満になっていく
ぼくの未来はbeing likeぶくぶくに太った

ラーメンなのか ラーメンなのか ラーメンなのか

ラーメンなのか ラーメンなのか ラーメンなのか
今日もぼくの昼飯は
ラーメンなのか(ラーメンなのか)
ラーメンなのか(ラーメンなのか)
ラーメンなのか
Let’s Go!


オヌ アチメド ネガ ムォ ヘンヌンジル モ
アニ ネゲ アチミラン ゲ インナ
ハン アマ ヨトゥシチュメ インナッソッチ

リョグ ポニ オヌルン コベッデイレ
チャンパッケ ナジャ ヨジャエゲ コベッケ
ナン チングエゲ ネ チャモス コベッケ

シビシガヌ ノケ チャド イロナ ボミョン チョリョ
メイ トッカットゥン ハル イロン ナ ポミョン チリョ
コンヌン ゲ キチャナソ ペロ ヌン クデロ
ヨギチョギ タッタボニ アネド テ コレロ
チョンソマリヤ
ケランマリ ハナ パサンエ オラカド イゲ ウェン トギヤ
クリメ トギヤ
マダ チャンジャンウ ヨロボミョン オジェ モッコ ナムン パンチョガリ

ラミョンニンゴンガ ラミョンニンゴンガ ラミョンニンゴンガ
オヌド ネ チョムシムン
ラミョンニンゴンガ ラミョンニンゴンガ ラミョンニンゴンガ

オヌ アチメド ネガ ムォ ヘンヌンジル モ
アニ ネゲ アチミラン ゲ インナ
ハン アマ ヨトゥシチュメ インナ

コトゥン サイロ ヘガ ピンナミョン ナド シンナソ
ヤンチド アナゴ ノダガ パミ テソヤ フフェル ハジ

サシ ネ マムン イロッチ アヌンデ
ハゴシプン ゴ マンコ
クゴセ モム タコ ウィミ インヌン イルブヌ サゴ シッポド
シガヌン カヌンデ

ハルジョンイ ティビガ キョジョイッソ
クソゲン ウスミ カドゥッカジマン
ティビエ ピチュヌン ネ モスブン チョジョ ピマニ テガ
ナエ ミレガ being like ティンティン プロボリン

ラミョンニンゴンガ ラミョンニンゴンガ ラミョンニンゴンガ

ラミョンニンゴンガ ラミョンニンゴンガ ラミョンニンゴンガ
オヌド ネ チョムシムン

ラミョンニンゴンガ (ラミョニンゴンガ)
ラミョンニンゴンガ (ラミョニンゴンガ)
ラミョンニンゴンガ




卵焼きが「絵に描いた餅」だなんて、なんてかわいそうな子たち!

とお母さんが世間からあらぬ疑いをかけられたことでしょう。
間違いない。(笑)

「僕の昼飯は今日もラーメンなのか」と繰り返すのが、得も言われぬ悲しみを感じさせてくれます。

でもこの曲、初めてオーディションで歌われた時の歌詞と、収録時の歌詞が異なるんです。
元の歌詞は、最後の部分がこうでした。


라면인건가 라면인건가 쏙이 쓰려와
오늘도 내 점심은
라면인건가 (라면인건가)
나만 이런가
꿈이라면 일어나
Let’s Go!

ラーメンなのか ラーメンなのか 胃がもたれてくる
今日もぼくの昼飯は
ラーメンなのか (ラーメンなのか)
ぼくだけこうなのか?
夢なら覚めてよ
Let’s Go!



絶対こっちのほうがよかったのに!
特に最後の「夢なら覚めてよ」がたまりません。
このワンフレーズだけでも泣きそう。(笑)
どうして変えちゃったんでしょうね。勿体なかったです。

オーディション当時の動画も貼っておきますね。
こちらはSBSの公式動画で、番組中のAKMUのシーンだけを集めたものです。





PR広告


来年5月には海兵隊を除隊するというイ・チャンヒョクさん。

小柄な体と「海兵隊」がどうにもイメージ的に合いませんが、ともあれ、兵役後の活躍を楽しみに待ちたいです。

ちなみに妹のスヒョンさんは現在韓国で放送中のドラマ『ミスター・サンシャイン』のOST曲『声』(邦題仮)を歌っています。
とてもしっとりした物静かな曲で、初めはこの美しい歌声が「AKMUの子」のものだと気づきませんでした。
このOST曲も、本当に素晴らしい表現力と歌声なんですよね。
そちらはまた機会をみつけてご紹介してみようと思います。