みなさま、こんにちは。

すっかりご無沙汰してしまいましたが、お元気でお過ごしでしょうか?
しばらく韓国に行っており、ばたばたと立て込んでいる間に11月もはや下旬に差し掛かってしまいました。
目下大急ぎで日本の紅葉を探しているところです。
それにしてもソウルに比べると、やっぱり日本は概ね暖かいですね。
などと油断していると、まんまと風邪をひくのですが。(笑)

さて今日は、秋ということでバラードを。
2007年のイ・ジョクさん3枚目のアルバムに収められている“よかった(原題다행이다)”を取り上げてみようと思います。






イ・ジョクさん、日本でも公式のベストアルバムを今年出していたのですね。

日本にもファンが多いと耳にしていましたが、さすがです。

今日とりあげる“よかった/다행이다/タヘンイダ”は、11年前の2007年の3rdアルバムの収録曲なのですが、歌に覚えのあるK-popアイドルも多数カバーしている曲なのでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
ある意味歌が得意な男子たちのカラオケ定番曲で、結婚式でもよく歌われるそうです。







なんか、秋のせいですかねー。

こういうのがやたら心に沁みちゃうんですよねぇ。

久しぶりに顔を合わせた韓国の友人たちも、目下の深い悩みは「これからの人生をどう生きるか」だったり、親しくさせていただいている方がご病気だったり。
ちょっぴり悲しくなるようなことがあったせいかもしれません。
枯れ葉散る秋だけに、イメージはまるっきりオー・ヘンリーの『最後の一枚』。

みなさまもどうかくれぐれも、お体にはお気を付けくださいね。


・・・・・・なんて久しぶりのくせに、話が湿っぽくてすみません。(笑)

年明けに計画していたことが進んでいなかったり、またあっという間に時が流れていってしまったことに、どうにもセンチにならざるを得ない11月。

12月になってしまえば諦めがつくのですが、11月は毎年その諦めがつくまでの一番キツイ時期のような気がします。
色々焦りを感じたり、落ち込んだり。

そんな、ちょっぴり萎みかけてた心に、ラジオから流れてきたイ・ジョクさんの“よかった”が沁みる、沁みる。
それで、今日取り上げている次第です。(笑)
茨木のり子さんの『自分の感受性くらい』という詩を読み直した後の、ハッと大事な気づきを得る時の感じに似ているんですよね。
心の澱が洗い流されるような。

この歌で、みなさまの心にもひとときの安らぎが訪れたなら嬉しいです。


動画はyou tubeのものです。
公式のものではないのでリンク切れになるかもしれません。




다행이다

그대를 만나고
그대의 머릿결을 만질 수가 있어서
그대를 만나고
그대와 마주보며 숨을 쉴 수 있어서
그대를 안고서
힘이 들면 눈물 흘릴 수가 있어서
다행이다
그대라는 아름다운 세상이
여기 있어줘서

거친 바람속에도 젖은 지붕 밑에도
홀로 내팽개쳐져 있지 않다는게

지친 하루살이와 고된 살아남기가
행여 무의미한 일이 아니라는게

언제나 나의 곁을 지켜주던
그대라는 놀라운 사람 때문이라는 거

그대를 만나고
그대와 나눠먹을 밥을 지을 수 있어서
그대를 만나고
그대의 저린 손을 잡아 줄 수 있어서
그대를 안고서
되지 않는 위로라도 할 수 있어서
다행이다
그대라는 아름다운 세상이
여기 있어줘서

거친 바람속에도 젖은 지붕 밑에도
홀로 내팽개쳐져 있지 않다는 게

지친 하루살이와 고된 살아남기가
행여 무의미한 일이 아니라는 게

언제나 나의 곁을 지켜주던
그대라는 놀라운 사람 때문이라는 거

그대를 만나고
그대의 머릿결을 만질 수가 있어서


君に会って
髪の毛に触れることができて
君に会って
見つめあいながら息をすることができて
君を抱きしめ
つらい時には涙することができて
よかった
君という美しい世界が
ここにいてくれて

強風の中にあっても 濡れた屋根の下にあっても
一人きり打ち捨てられてはいないのが

骨の折れるその日暮らしと 生き残りをかけた苦しみが
仮にも無意味ではないのが

いつも僕のそばにいてくれた
君という驚くべき人のおかげだということ

君に会って
君と分け合うご飯を炊くことができて
君に会って
しびれた手を握り締めてあげることができて
君を抱きしめ
下手な慰めの言葉の一つもかけることができて
よかった
君という美しい世界が
ここにいてくれて

強風の中にあっても 濡れた屋根の下にあっても
一人きり打ち捨てられてはいないのが

骨の折れるその日暮らしと 生き残りをかけた苦しみが
仮にも無意味ではないのが

いつも僕のそばにいてくれた
君という驚くべき人のおかげだということ

君に会って
髪の毛に触れることができて


クデル マンナゴ
クデエ モリキョル マンジスガ イッソソ
クデル マンナゴ
クデワ マジュ ポミョ スム シス イッソソ
クデル アンコソ
ヒミ トゥミョン ヌンム フスガ イッソソ
タヘンイダ
クデラヌン アルダウン セサンイ
ヨギ イッソジョソ

コチン パラ ソゲド チョジュン チブン ミテド
ロ ネペンゲチョジョ イッチ アンタヌンゲ
チチン ハルサリワ コデン サラナキガ
ヘンヨ ムイミハン イリ アニラヌンゲ
オンジェナ ナエ キョトゥ チキョジュドン
クデラヌン ノラウン サラ テムニラヌンゴ

クデル マンナゴ
クデワ ナヌォ モグ パブ チウスガ イッソソ
クデワ マンナゴ
クデエ チョリン ソヌ チャバジュス イッソソ
クデル アンコソ
テジ アンヌン ウィロラド ハス イッソソ
タヘンイダ
クデラヌン アルダウン セサンイ
ヨギ イッソジョソ

コチン パラ ソゲド チョジュン チブン ミテド
ロ ネペンゲチョジョ イッチ アンタヌンゲ
チチン ハルサリワ コデン サラナキガ
ヘンヨ ムイミハン イリ アニラヌンゲ
オンジェナ ナエ キョトゥ チキョジュドン
クデラヌン ノラウン サラ テムニラヌンゴ

クデル マンナゴ
クデエ モリキョル マンジスガ イッソソ






思わず「ごめんねー!」と号泣しながら誰かに謝りたくなる曲ですよね。

大切な人への感謝を忘れちゃいけません。反省。(笑)


せっかくなので、歌っているイ・ジョクさんのバージョンも。

こちらはyou tubeのKBS world公式チャンネルの動画です。









イ・ジョクさん、ライブも素敵ですね。

ポイントはあれですよね。
「タヘ~ンイダ」の裏声からの戻り。
ここスムーズに。

ってそんなこと品評するコーナーじゃないですよね。(笑)


せっかくついでに、EXOのCHEN君のバージョンも。
こちらは2013年の映像で、出典はyou tubeのMBC KPOP公式チャンネル。








CHEN君、上手~!

やや物まね気味になるのは、避けがたいところですよね。
広く知られた名曲を全く違う雰囲気で歌うこと自体が難しいです。
例えば尾崎豊の“I LOVE YOU”を全く物まね風じゃなく歌う人を、私は見たことがありません。

と卑近な例を挙げたそばから、この仮説を一気に覆した人。

『未生ミセン』のOST曲での素晴らしい歌声に思わず涙させられたクァク・チノンさんバージョンは、完全に彼の持ち歌と化してます。
こちらの動画は公式のものではないので、リンク切れの際はご了承ください。








まったく別物。

っていうか、超いいんですけど!

みなさまも機会があればぜひカラオケで歌ってみてください。

そんな意味からも今回ルビ付きにしてみました。

ええ、迫りくる韓流忘年会仕様です。(笑)


PR広告


暮れゆく一年にはたと気づいてため息もひときわ多くなる晩秋は、日没の早さにも気分が沈みがちですが、縮こまって頑なになって心の瑞々しさを失わないよう、素敵な歌や詩や芸術に普段以上に触れていたいですよね。
しばらくはバラード特集にしようかな、などと思いつつ。

みなさまどうぞ、風邪などお召しになりませんよう。